ロバート・プラント「覚えていない」

ツイート

火曜日(6月21日)レッド・ツェッペリンの代表作の1つ「Stairway To Heaven」(1971年)の著作権をめぐる陪審裁判(5日目)がLAの連邦裁判所で開かれ、ロバート・プラントが証言台に立った。

◆ロバート・プラント画像

ジミー・ペイジとロバート・プラントは、「Stairway To Heaven」のイントロが1968年にスピリットが発表したインストゥルメンタル・トラック「Taurus」に似ていると、スピリットのギタリストで「Taurus」の作者、故ランディ・カリフォルニア(本名ランディ・ウルフ)の遺産管財人から訴えられている。

スピリットのメンバーだったMark Andresは先週、原告側の証人として出廷し、1969年に英国バーミンガムのクラブMother'sでプレイした際、プラントとビールを飲み、ビリヤードをしたと証言したが、プラントはこの日の公判で「覚えていない」と話した。

彼はMother's へはよく行っていたが、「たくさんの人に会った。40年以上前の混沌とした騒ぎの中の出来事を覚えているというのか?」「観たバンドも一緒にいた人たちのこともほとんど覚えていない」と言い、スピリットのライブを観た記憶もないと証言したそうだ。Mother'sでスピリットのメンバーに会ったとされる夜、交通事故に遭っており、それが思い出せない一因だとも話したという。

また、英国ハンプシャー州にあるヘッドリィ・グランジで「Stairway To Heaven」を作り始めたという逸話を披露し、歌詞の一節を歌うように口にしたそうだ。

一方、原告の弁護人は、「Taurus」はレッド・ツェッペリンが1968~1969年にかけて開いたライブでカバーしていたスピリットの曲「Fresh-Garbage」と同じアルバムに収録されているため、彼らは「Taurus」を知っていたはずだと訴えているが、プラントは(2曲が収録されるスプリットのデビュー・アルバムからではなく)、コンピレーション・アルバムから「Fresh-Garbage」を知ったと話したという。

最終弁論は、水曜日(22日)現地時間午前8時30分から開始される。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス