PreSonusからモバイル用インターフェイス「Studio 192 Mobile」登場、フラッグシップI/Oをベースにモビリティを追求

ツイート

エムアイセブンジャパンは、PreSonusの「Studio 192 Mobile」を発売した。コンパクトなデザインにUSB 3.0、24ビット/192kHzオーディオインターフェイスとプロフェッショナル・モニタリング/ミキシング・コントロールを組み合わせた製品だ。

「Studio 192 Mobile」は、PreSonusのフラッグシップI/Oをベースにモビリティを追求したモバイル用I/O。USB 3.0によるプロフェッショナル・モニタリングとミキシング・コントロールを、コンパクトなデスクトップ&モバイル・デザインに組み合わせている。22×26チャンネル、24ビット/192kHz Burr-Brown製コンバーター、リモート・コントロール可能なXMAXプリアンプ、Fat Channel用DSP、ゼロレイテンシー・モニター・ミキシング、内蔵トークバックも搭載する。

XMAXマイクロフォン・プリアンプをソフトウェアでリコール可能な上、Mac/Windows/iPadでリモート・コントロールを可能にするUC Surfaceソフトウェア、Studio One 3とのシームレスな統合までを実現(付属するのはStudio One 3 Artist)。オーディオインターフェイスの枠を超えた、USB 3.0モバイルI/O&スタジオコマンドセンターとなっている。

アナログ入力はフロントパネルのマイク/インストゥルメント入力(コンボ端子)×2とリアのライン×2、アナログ出力はメイン出力とライン出力×4(モニター・ミキシングおよびスピーカー・スイッチング用)を用意。デジタルはADAT/デュアルSMUXオプティカル入力/出力が16×16(44.1/48kHzの場合、88.2kHz/96kHzでは8×8)にS/P DIFを加えた18入出力。別売のDigiMax DP88とADAT接続すればXMAXプリアンプを拡張可能、アナログI/Oを追加することができる。

発売を記念して、価格はそのままにFaderPortをバンドルした「Studio 192 Mobile + FaderPort発売記念バンドル」を50台限定で用意。同社オンラインストアのMI7 STOREおよび正規ディーラーで販売する。


製品情報

◆Studio 192 Mobile
価格:オープンプライス(MI7 STORE 価格 69,800円)
発売日:2016年6月22日


この記事をツイート

この記事の関連情報