浜崎あゆみ、倖田來未、AAAらが豪華競演、<a-nation island 2016>5日目

ツイート

今年で15年目を迎えた国内最大級の夏フェス「a-nation」が開幕、7月29日(金)より7日間にわたって様々なアーティストが登場する「a-nation island 2016 powered by dTV」。5日目となる8月2日(火)は「FEVER a-nation by SANKYO」と題し、a-nationとパチンコメーカーSANKYOとのタイアップが実現。新機種の「CRフィーバー a-nation」に登場する豪華アーティストたちが国立代々木競技場第一体育館に集結した。

◆出演アーティスト画像


<a-nation island>の会場に浜崎あゆみが登場するのは初ということもあり、開演前には観客たちの熱い「ayu」コールが沸き起こったこの日。ピンクのライトが揺らめく中、ダンサーによるエキゾチックなダンスとともにアラビアンな衣装をまとった浜崎あゆみが登場、割れんばかりの大歓声に包まれた。「いくぜ! a-nation!」の叫びを合図に「INSPIRE」を披露、さらにロックナンバーの「WARNING」を続け、重厚なサウンドと迫真のダンスと歌で会場をどんどんヒートアップさせていく。「fairyland」と「HANABI」では雰囲気は一転。会場中に響き渡るほどの美しい歌声を聴かせる。「Movin’ on without you」を皮切りにラストの「BLUE BIRD」までこの夏を彩るポップナンバーを次々と届け、会場中ビッグウェーブが沸き起こる華々しい幕開けとなった。


その興奮を引き継いで2番手に登場したのは、アジアで絶大な人気を誇るU-KISS。今冬に日本メジャーデビュー5周年を記念した初のベストツアーを控えている彼ら。1曲目「Stalker」(韓国曲)から持ち前のキレッキレのダンスと歌を披露。息つく間もなく繰り広げられるパフォーマンスに、思わず見とれてしまうほどだ。恒例の挨拶と自己紹介のあと、一転してミディアム曲「Spring Rain」を熱唱し、会場は温かい雰囲気に包まれた。「心温かくなりましたか?」(フン)と優しく語りかけたあと、「最後の曲は『Rock Me』です」(ケビン)「行きましょう!」(スヒョン)と、ラストは再び会場中を巻き込むクール&スタイリッシュなパフォーマンスの「Rock Me」で、観客たちをさらなる熱狂へと誘った。


続いては、夏らしい白と黄色のボーダーワンピース姿で「ハ~イ! 代々木!」と登場したhitomi。「LOVE 2000」では観客たちもサビを大合唱、遊び心あふれるパフォーマンスに会場はぐいぐいと引き込まれていく。大ヒット曲の「SAMURAI DRIVE」「CANDY GIRL」を歌い終えると、「私事なのですが、実はこう見えて妊婦です」と語り、会場はどよめきと祝福の声が。「間もなく8ヵ月目に入るんですけど、一緒に歌ってます」とお腹をさすった。「もっと一体になりたいのよ、(みんなと)一緒に!」と、ラストの「WONDERLAND」では、爽快なバンドのリズムに合わせ、ココロ踊るような歌声で会場を一つにし、この日の盛り上がりを確かなものにした。


4番手には白のアシンメトリードレス姿の鈴木亜美が登場。デビュー曲の「love the island」からキュートな笑顔で観客たちに手を振りながら「alone in my room」「white key」など代表曲を熱唱。「みなさん、元気ですか? もっともっと声を聞かせて!」「おなかのベイビーにも届けてください!」とアオりながら大ヒット曲「BE TOGETHER」へ。ポップな歌声が会場全体に響き渡ると、会場からは大きな歓声が上がった。最後はトランスサウンドの「Delightful」で、彩り鮮やかなバックライトが会場を照らし、観客たちも大合唱&掛け合いを見せるパワフルなパフォーマンスを披露、会場の外までハッピー感が伝わるようなステージだった。

◆レポート(2)へ
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス