beyerdynamic、さらなる高解像度&クリアなサウンドを実現したテスラテクノロジー搭載の開放型ヘッドホン「DT 1990 PRO」

twitterツイート

beyerdynamic社の開放型スタジオモニターヘッドホンの最上位機種「DT 1990 PRO」がティアックよりリリースされた。開放型スタジオモニターの定番「DT 990 PRO」を進化させ、さらなる高解像度&クリアなサウンドを実現したモデルだ。

2015年の発売以来世界中のミュージシャン、サウンドエンジニア、サウンドプロデューサーから絶賛されている「DT 1770 PRO」同様、プロフェッショナル向けにチューニングされたテスラ2.0ドライバーを搭載。開放型となったことで、より奥行のある音場表現を実現している。

こだわったのは音質だけでない。内部のパーツを厳選しただけでなく、外部の構造にもメスが入れられた。まずは使用環境に合わせ快適な装着感と音質を提供する2種類のベロア製イヤーパッドを用意。マスタリングやミキシングの際に低音域の表現を豊かにする「バランスド(色:ダークグレー)」と、分析的リスニング用途としてニュートラルな音場表現を可能にする「アナリティカル(色:ライトグレー)」が付属。さらにスプリングスティールを採用した柔軟なヘッドバンドなど、形状や操作感まで人間工学的な検討が施されており、プロフェッショナルの現場における長時間、長期間の使用にも耐えうる構造となっている。

汎用性の高い着脱式片出しケーブルはロック式。ケーブルはストレート、コイル各1本が付属する。軽量でさまざまな現場に気兼ねなく持ちだせるキャリングケースも付属する。


▲ケーブルは片出し&着脱式。ヘッドバンドは快適な装着感を提供するスプリングスティールを採用。


▲ベロア製交換イヤーパッドは2種類が付属。


▲ケーブルは着脱式。ストレートタイプとコイルタイプ、2種類のケーブルが付属する。

製品情報

<おもな仕様>
形式:ダイナミック・開放型
周波数特性:5Hz~40,000Hz
感度:102dB(1mW / 500Hz)
最大感度:125dB (200mW / 500Hz)
インピーダンス:250Ω
歪率:0.05%以下(1mW / 500Hz)
許容入力:200mW
ヘッドバンド側圧:約 6.6N
ケーブル:3m/片出しストレート(付属)、5m/片出しコイル(付属)
コネクター:金メッキ 3.5mm ステレオミニプラグ、6.3mm ステレオ標準プラグアダプター
質量:370g(ケーブル含まず)
付属品:コイルケーブル(5m)、ストレートケーブル(3m)、ベロア製交換イヤーパッド「アナリティカル」(「バランスド」は本体に装着済み)、キャリングケース

◆DT 1990 PRO
価格:オープン(TEAC STORE価格 77,760円 税込)
発売日:2016年9月下旬

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報