ハイレゾ音楽ファイルを手軽に編集、ティアックがDSD対応波形編集ソフト「TEAC Hi-Res Editor」の無料配信を開始

twitterツイート

ハイレゾオーディオを楽しんでいる人にうれしいソフトウェアがティアックより登場した。しかも価格は無料。DSD 11.2MHz、PCM 384kHz/32bitに対応した波形編集ソフトウェア「TEAC Hi-Res Editor」はWindows版およびMac版をラインナップする。

「TEAC Hi-Res Editor」は、ハイレゾ音楽ファイル(DSD/PCM)の編集が可能なソフトウェア。DSDは11.2MHz、PCMは384kHz/32bitまで、最大2ch(ステレオ/モノ)のハイレゾ音楽ファイルに対応。DSD/PCM相互のファイル変換やサンプリング周波数などの変換のほかファイルの分割/結合といった基本的な編集に加え、画面に表示された波形を見ながらイン/アウト点で直接指定した区間の変換/書き出しが行える。

DSDファイルの基本的な編集が可能な「TEAC Hi-Res Editor」があれば、USB-DAC/ヘッドホンアンプ「UD-503」やポータブルヘッドホンアンプ「HA-P90SD」などのDSD対応製品における再生用ファイルの編集用途に活用することが可能になる。

また、レコードやライブ音源などの曲間なしで録音されたDSDファイルの曲ごとの分割やファイルの結合、DSDの音源ファイルをPCMにフォーマット変換することも可能となる。さらにTASCAMのステレオマスターレコーダー「DA-3000」で収録したDSDファイルの活用範囲も広げてくれる。


▲フォーマット変換を行うエクスポートと結合を行うコンバインのダイアログ。

製品情報

<おもな仕様>
●音声ファイル形式
・DSD :DSF(.dsf)、DSDIFF(.dff)
・PCM :WAV(.wav)
●サンプリング周波数
・DSD :2.8MHz/5.6MHz/11.2MHz
※Mac版では、DSD11.2MHzのモニター時は、DSD5.6MHz以下に変換されて再生されます。
・PCM :44.1kHz/48kHz/88.2kHz/96kHz/176.4kHz/192kHz/352.8kHz/384kHz
●量子化ビット数
・DSD :1bit
・PCM :16bit/24bit/32bit(float)

◆TEAC Hi-Res Editor
価格:無料
配信開始日:2016年9月28日

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報