【ライブレポート】<VISUAL JAPAN SUMMIT 2016>1日目前半「この3日間でみんな“無敵”になれそう」

twitterツイート

10月14日(金)、15日(土)、16日の3日間にわたって千葉・幕張メッセ9-11ホールにて、約10万人の観客を動員して開催される日本最大のヴィジュアル系音楽フェス<VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten>。その初日となる10月14日、あの伝説のイベント“エクスタシー・サミット”が復活した。

◆<VISUAL JAPAN SUMMIT 2016>Day1前半 画像

エクスタシー・サミットとは、LADIESROOM にZI:KILL、 LUNA SEA,、GLAYなどYOSHIKIによって設立されたインディーズのレコード会社、エクスタシーレコードに所属していたバンドが一堂に集まり、行なっていた無敵のライブイベントのこと。1988年に大阪のライブハウス、バーボンハウスでスタートして以降、東京・目黒鹿鳴館を中心に定期的に開催していたこのイベントが、1992年に大阪城ホールと日本武道館で開催されて以来、24年ぶりに復活した記念すべき一夜をレポートする。

午前8時50分。ステージに突然MUCCの逹瑯(Vo)とLADIESROOMのGEORGE(Ba)が揃って姿を現し、前説が始まった。どうやらこの2人が今日のMC担当に選ばれたようだ。これから始まる<VISUAL JAPAN SUMMIT>について、逹瑯は「この3日間でみんな“無敵”になれそう」と伝え、GEORGEは前代未聞の早朝から深夜に及ぶ長丁場イベントに対して「水分補給だけは忘れるなよ」とアドバイス。この後、GEORGEの掛け声で、恒例の「WE ARE」「X!」で気合い入れを行なったところで、いよいよ<VISUAL JAPAN SUMMIT>1日目が開幕する。


午前9時。初日トップに登場したのはX JAPANのコピーバンド、X-SUGINAMI。ヴォーカルにDancho(NoGoD)を迎え、ギターはMiya(MUCC)、ヒロト(A9)、リズム隊はベースがAkane(PLINK?ex.THE★SCANTY)、ドラムがMajyu(Devil Kitty、SHAPE SHIFTER)という布陣で初期Xのルックス、楽器、演奏、パフォーマンスまでほぼ完コピ状態で「BLUE BLOOD」、「VANISHING LOVE」を演奏。その完成度の高さに驚く観客に向かって「よく見てください。偽物です」とDanchoが筋肉Tシャツを見せて笑いを誘った後は、「X」のXジャンプで早朝とは思えない盛り上がりを作ってみせた。


続いてVANIRUがステージに登場すると場内の空気は一転。今年デビューしたばかりの新人とは思えない存在感を放つヴォーカルのLEONEILは、ウェービーな髪を揺らしながら妖艶なオーラを身体中から放ち、客席を支配していく。耽美でエレクトロなダンスチューン「コズミック・ナイト」では鞭を振りながらステージを歩き回るなど、VANIRUならではの浮世離れしたステージングで、デカダンで妖しい夜のムードを振りまいていった。


アニメ映像がバンドのスタートガイドになるというポップなオープニング映像が終わり、メンバー全員がお揃いの真っ白い宇宙服に身を包み、ヘルメットをかぶってやってきたのはSPEED OF LIGHTS。スペーシーな広がりを感じさせるシンセ、オートチューンで加工した歌声で、どこまでも飛んでいけそうなコズミックで明るく爽やかなポップチューンを次々と披露した。


続いては、エクスタシー・ジャパン出身、今年4月に復活を果たしたばかりのBEASTの5人が、ガラの悪そうな大人の雰囲気を携えてぞろぞろとステージに登場。そんな彼らが最新鋭のデジタルをフィーチャーしたモダンなミクスチャーサウンドを次々と奏でていく姿をみて、彼らを知らない観客は呆気にとられる。「Chemical」や、YOSHIKIがプロデュースしたデビュー曲「LR—7」などのアクトでフロアを揺らし、舞台を後にした。


お次は、若手ヴィジュアル系から4人編成になったAnli Pollicinoが登場。「LUNA SEAさん、GLAYさんに憧れてここまできました」と挨拶をしたShindy(Vo)。赤をテーマにしながらも4人各々の個性を象徴したヘアスタイル、衣装の着こなしなどは、いまの時代のヴィジュアル系ならでは。人気曲「白百合ヴァネッサ」など、現在のV系シーンのど真ん中をいくような王道サウンドを堂々パフォーマンス。


続いても若手世代を代表して、5人組のCLØWDが登場。ピアノのイントロが印象的なキラーチューン「狼煙」で幕をあけると、 KØU(Vo)が「さあ拳を上げろ」と煽ると、フロアからはたくさんの拳が突き上がり、若いオーディエンスたちはたちまち熱狂。ラップとシンガロングを取り入れた「Tomorrowland」、伸びのある声と美メロがマッチした「#夏の微熱」とタイプの異なる曲を集まったオーディエンスにアピールした。


そして、初日にメインステージとなるSUMMIT STAGEの1番手として現れたのは再結成したPsycho le Cému。さすが元祖エア&エンタメバンド。冒頭には5人のモンスターのキャラ紹介を交えた寸劇を用意。そのストーリーの中にボスキャラ役でYOSHIKI(YOSHIKIに許可をもらい写真までもらってきた)が登場すると、場内は大爆笑に包まれた。メンバー全員で踊る「BLADE DANCE」ではお客さんを踊りに夢中にさせ、みんなが知っているヒット曲「愛の唄」からはバンド演奏も楽しませる。見て、踊って、歌って、聞いても楽しいパフォーマンスは彼ら最大の武器。再結成後は「もう1度夢を追いたくて。日本武道館を夢見ています。みなさんの力を貸してください」とDAISHI(Vo)が熱い気持ちを伝えると、観客は大きな拍手でそれに応えた。


続いては、ビジュアル系の中堅どころからクセ者HEROが登場。まず始まったのは曲ではなくJINのMC。“のってるふう”に見えるジャンプやモッシュの仕方などユニークな話を面白おかしく語っていき、その巧みな話術と曲のイントロだろうが間奏だろうが途切れることのないマシンガントークで、オーディエンスの注意を惹きつけたら最後まで離さない。「ALIVE」、「カントリーロード」などHEROの歌や曲調は超爽やかに弾けるJ—POPなのだが、それもJINの手にかかると「次折りたため」、「隣と肩組め」、「細かく横モッシュ」などたちまち激しいノリに変貌。そんなHEROのクセになる魅力をきっちり観客に刻み込み、彼らはステージを後にした。

◆Day1 レポート2へ(DaizyStripper、かまいたち、ユナイト、NOCTURNAL BLOODLUST、BY-SEXUAL、Gargoyle、lynch.)
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報