【ライブレポート】<VISUAL JAPAN SUMMIT 2016>2日目後半「みんな無名だった。だけど…無敵だった」

twitterツイート

10月14日(金)、15日(土)、16日の3日間にわたって千葉・幕張メッセ9-11ホールにて日本最大のヴィジュアル系音楽フェス<VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten>が開催された。HYDE×YOSHIKIの共演が開催間近になってアナウンスされ、さらに興奮を煽ることになった2日目15日にもさまざまなドラマが生まれることになった。動員数は35,000人。この日、出演した全アーティストのレポート後半をお届けしよう。

◆<VISUAL JAPAN SUMMIT 2016>Day2(後半) 画像


hide with Spread Beaverのステージが終わり、約30分押しの16時20分にステージに登場したのはエンターテインメント集団の側面を持つバンド、カメレオだ。暗転の中、フラッシュリングを大量に点滅させ、全員がお面着用で初見の人が「誰?誰?」とザワつく中、「運命開華ディスコ」でメンバーもファンもジャンプ連発。「ニート姫」では恒例のビーチボール投げやX ジャンプで盛り上げ、YOSHIKIのカレーエピソードにちなんで箱カレーを飛ばすなどやりたい放題(?)。HIKARU(Vo)は「俺たちみんな、このイベントに出演している先輩たちに憧れてバンドを始めました。先輩たちが作ってくれたヴィジュアル系という文化を受け継いで、先輩たちの背中を追っかけて、いつか追い越してやろうと思ってます」と感謝。自由奔放なステージを締めくくった。



メインステージに登場したシドは約10ヶ月ぶりにメンバーが集結してのライヴでもあった。同ステージ翌々日には、1年ぶりのシングルが2017年にリリースされることが発表になったが、この日を心待ちにしていたファンも多かっただろう。オープニングナンバーはShinjiがアコースティックギターを弾いての「モノクロのキス」で場内が大歓声に包まれる。ロック、ラテン、ジャズ、正統派バラードなど多様なリズムアプローチの楽曲を演奏するスキルがありながら、哀愁があり、歌モノであるという基本がブレないシドの音楽性は幅広い世代から支持されている。

ナチュラルメイクにカジュアルなスタイルのマオ(Vo)は「朝からいる人は?」と呼びかけ、ライブビューイングで楽しんでいる人たちにも「ポップコーン美味しい?」と問いかけ、「今日もシドはシドらしいライヴをしていきたいです」と切々と歌うバラード「hug」を披露。ゆうやのジャジーで洗練されたドラムが印象的なインディーズ時代の人気曲「刺と猫」が演奏されたこともファンを喜ばせた。

後半戦は「嘘」「妄想日記」など代表曲を連発。ライヴ後半で演奏されることが多いアッパーチューン「Dear Tokyo」では明希(B)とマオが肩を組み、サビでは合唱に。「もっともっとヴィジュアル系、盛り上がると思ってるんだけど、どう? 盛り上げるのはオマエらにかかってるんだけど、どう?」と煽り、Oiコールが巻き起こったアグレッシブなナンバー「眩暈」でステージを締めくくった。このイベントをキッカケに再びシドのストーリーが紡がれていくという意味でも意義深いステージであった。


ぎっしり満員の場内に温度もますます上昇していく中、第7弾アーティストとしてサプライズ発表されたHYDEとYOSHIKIが姿を見せるとメッセが揺れそうなぐらいの大歓声。この2人が共演することになるとは誰が予想しただろうか。真っ白なロングジャケットに身を包んだYOSHIKI、ハットをかぶり、全身黒のエレガントな装いのHYDE。白と黒のコントラストで見せるところからして期待を裏切らない。そして、本イベント開幕前から2人が何の曲を披露するのか、カヴァーなのか、この日のためのオリジナルなのか熱い注目が集まっていたが、YOSHIKIがピアノの前で奏でたのはL'Arc〜en〜Cielの2007年のヒット曲「MY HEART DRAWS A DREAM」だった。驚きと喜びが入り混じる声援の中、HYDEはファルセットをきかせた伸びやかで艶やかな歌声を響かせ、場内は興奮&陶酔モード、“夢を描くよ”という35,000人のシンガロングがメッセにこだました。

「HYDEさんとYOSHIKIのユニットです。今日は本当に来てくれてありがとう。最近、一緒に飲んだね」と2人で5時間も飲んだことを明かすとHYDEは「時代の話をしました。あれはホントですか?って」と沸かせ、YOSHIKIが「L'Arc〜en〜CielとX JAPANが一緒にいるって面白いね」と微笑み、「意識しなかったけど、よく考えたら。緊張してきた」とHYDE。その空気を解きほぐすようにYOSHIKIが「セルフィーでも撮ろうか」と提案し、再び大盛り上がりの場内の中、ハイスピードで連写するYOSHIKI。

そして2人が次に披露したのはX JAPANの代表曲「Say Anything」だった。YOSHIKIの美しいピアノの音色とHYDEの表現力豊かなヴォーカルが絡み合うコラボは本フェスが生んだドラマであり、大輪の2本の薔薇が咲き誇るような景色が目の前に広がった。


勢いに溢れた挑発的なライヴとパフォーマンスでオーディエンスを惹きつけたのはR指定だ。メンバーが敬礼のポーズをキメ、幕開けの曲は代表曲の「玉砕メランコリィ」。制服姿の女子が多く詰めかけることでも知られる彼ら。マモ(Vo)は「本日はV系シーンの神聖な場所に出していただき、ありがとうございます。最上級のラブソングです」とメンヘラ彼女に「生きろ〜!」とシャウトするナンバー「病ンデル彼女」で痛快な演奏を響かせた。ラストはデスボイス炸裂のファストナンバー「THE廃人間」。「いつか真ん中のあのステージに行ってやる!」と宙高くマイクを放り投げた。

◆レポート(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報