フィル・コリンズ、カンバック・ツアーを発表

twitterツイート

引退を撤回したフィル・コリンズが、2017年夏に英国(ロンドン)とヨーロッパで公演を開くことを発表した。

◆フィル・コリンズ画像

2011年にリタイアしたコリンズだったが、その3年後、息子が通う学校の演奏会にゲスト出演、2015年秋に『Rolling Stone』誌のインタビューで「僕はもう、正式にリタイアした身ではない」と復帰宣言した。それから、自身が主催するチャリティ・コンサートに出演したほか、8月にはNYで開かれた全米オープン・テニスの開会式でパフォーマンスした。

現在のところ、フル・ショウは行なっておらず、2017年夏がそのステージとなる。公演は、ロンドン(ロイヤル・アルバート・ホール)で6月4~5,7~9日の5夜開催された後、ケルン(11.12日)、パリ(18,19日)で、それぞれ2日間行なわれる。

過去に難聴や脊椎の脱臼などに悩まされたコリンズは、おそらく、これらの公演でドラムをプレイすることはないという。彼は、「ただ歌うことになるだろう。以前のようにプレイできるとは思えない」とBBCに話している。代わりに、15歳になった息子ニコラスがドラムをプレイする計画があるそうだ。彼はすでに、この春開かれたチャリティ・コンサートでドラマーとして父のバック・バンドに参加していた。

カンバック・ツアーのタイトルは、<NOT DEAD YET LIVE!(まだ死んでない)>だそう。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報