キース・ムーンをリスペクトしていたフィル・コリンズは、彼が亡くなったとき、もし誘いがあったら、ジェネシスを脱退してでもザ・フーに加入したかったそうだ。

◆キース・ムーン画像

英国の新聞『The Guardian』紙が行なったファンからの質問に答えるウェブチャットで、称賛するドラマーを問われたコリンズはこう答えた。「ジョン・ボーナムはすごいと思う。チャド・スミス、テイラー・ホーキンス、それにキース・ムーンだ。彼らにはガッツがある。それに気構えが。この2つは不可欠だ」

そして、「キース・ムーンが亡くなったとき、もし誘いがあったらザ・フーに加入していたか?」との質問には、「もちろん、そうしていたよ。ザ・フーに加入するためにジェネシスを脱退しただろう」と答えた。「でも、彼らにはいま、ザック・スターキーという素晴らしいドラマーがいる。彼はファンタスティックだ。キース・ムーンが持っていたガッツがある」と続けた。

フィル・コリンズは、2017年夏にロンドン、ケルン、パリでカンバック・ツアーを行なうことを発表した。しかしながら、もう以前と同じようにドラムはプレイできないと言い、歌に専念することになりそうだという。代わりに、彼の15歳の息子がドラマーとして参加するとの計画がある。

Ako Suzuki