GEM、初の全国ツアー開催決定に大号泣「店長や社長にお願いしてお休みとって絶対来て」

twitterツイート

GEMが10月22日(土)に行われた定期公演<GEM Live Mixture 2016 ~4th STAGE~>にて2017年1月より初の全国ツアーを行うことを発表した。

◆GEM ライブ画像

この日のライブはハロウィンがテーマで、全員が血糊のついたウェディングドレスをまとったゾンビの格好で登場。他アイドルグループなどのカヴァーも含め、全14曲が披露された。MCでは仮装をしてきたお客さんの中からベスト仮装賞を選んだりする場面も。

そしてライブの最後、スタッフからメンバーに封筒が渡され中を開けると「スクリーンを見よ」との文字が。「え?何?」「怖いんだけど」とメンバーが戸惑っていると、スクリーンに「緊急告知」の文字が現れ、「2017年 GEM 1st全国Tour決定!」との発表がなされた。

GEMのメンバーは、北は北海道から南は福岡と全国各地から集まっており、ずっと自分たちの地元を周るライブツアーをしたいと希望していた。そのため今回の全国ツアー決定には大号泣、嬉し涙を流していた。全国ツアーは、GEMがメジャデビュー後ファーストワンマンライブを行った新宿BLAZEから始まり、大阪、愛知、札幌、福岡へと続いていく。


この決定に北海道出身のリーダー金澤有希は「北海道で、ライブが出来ることが本当に嬉しいです。今まで、大阪や名古屋でライブをさせて頂くことはあったんですが、北海道や、福岡(メンバーの森岡悠の出身地)は、なかなか出来なかったので本当に嬉しいです。」と述べ、さらに「やるんだったら満員にしたいので、皆さんお金の問題もあると思うんですけど、1ヶ月に1回くらいはお休みも取れると思うので、日程は出ているので、今のうちから店長とか、社長にお願いしてお休みもらって、皆で全国に行きたいです。応援よろしくお願いします!」と涙ながらに話した。ファンはこの金澤らしいおバカキャラ全開な可愛らしい発言に爆笑。

また福岡県出身の森岡悠も号泣し「全国ツアーが決まったことも本当にすごく嬉しいんですけど、何より福岡でライブが出来ることが本当に嬉しくて、お父さんとお母さんとも、電話で早く福岡でライブして欲しいって話をしてて、ちょっと待ってねって話てて、でも自分の力だけで出来るものではないから、いつも悔しい気持ちと、申し訳ない気持ちもあって。だから、凄く嬉しいです。こうしてツアーが出来るのも、いつも応援してくれているGEMILY(GEMのファンの意)のおかげなので、凄く感謝してますし、立てるのであれば最高の景色を一緒に見たいので、これからもGEMについてきてください!」と想いを話した。

ただ発表はこれだけで終わらず、なんと全国ツアーとともに全国対バンツアーが開催されることも決定。このツアーはGEMが全国各地へ行き数々のグループと対バンし、夢をつかむための絆を一緒に深めていくことを目的として開催される。

北海道は「フルーティー」、福岡県は「LinQ」、山口県は「山口活性学園」、大阪府は「大阪☆春夏秋冬」、愛知県は「さくらシンデレラ」、静岡県は「ORANGE PORT」、愛媛県は「ひめキュンフルーツ缶」と対バンを行う。対バンツアーは2月5日(日)に北海道、フルーティー」との対バンライブからスタートし、4月末まで約3ヶ月かけて行われる予定だ。

初のワンマンツアー、そして対バンツアーと活動の場が拡大しているGEM。ワンマンツアーのチケットは既にファンクラブ先行がスタートしているので、乗り遅れないようチェックして欲しい。


<GEM 1st全国TOUR ~YUMENO TSUBOMI~>

1月5日(木)東京・新宿BLAZE
2月11日(土)大阪・心斎橋Music Club JANUS
2月12日(日)愛知・名古屋ボトムライン
3月3日(金)北海道・札幌DUCE
3月5日(日)福岡・福岡DRUM Be-1

・チケットは、10月22(土)21:00より、ファンクラブ先行を開始。
http://spc.idolstreet.jp (スマホ・携帯のみ)

<全国対バン TOUR ~YUMEENO KIZUNA~>

2月5日(日)北海道「フルーティー」 @Sound Lab mole
4月8日(土))福岡「LinQ」 @ベスト電器福岡本店
4月9日(日)山口「山口活性学園」 @Rising hall
4月16日(日)大阪「大阪☆春夏秋冬」 @ESAKA MUSE
4月29日(土) 愛知「さくらシンデレラ」 @SPADE BOX
4月30日(日)静岡「ORANGE PORT」 @沼津ラクーン

※愛媛「ひめキュンフルーツ缶」の詳細は追って発表となります

◆GEM オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報