ブロスの元メンバー、レコード会社トップに出世で「再結成に興味なし」

twitterツイート

80年代後半に人気を博したUKのボーイズ・グループ、ブロスが再結成を発表したが、解散数年前(1989年)に脱退したクレイグ・ローガン(B)は、参加しないそうだ。彼はブロスを離れてからレコード会社に入社し、大出世していた。

◆ブロス画像

20歳のときグループを辞めたローガンは、しばらくソングライティングに専念した後、25歳でEMI Musicに入社。インターナショナル部署でシャーデーやティナ・ターナー、ジャネット・ジャクソン、ジョー・コッカーらを担当。ロビー・ウィリアムスの成功に貢献した。

そして、2005年にはRCA Label Groupの代表取締役に就任。2010年にその職を辞してからは、Logan Media Entertainmentを設立し、アナスタシアやダイドなどをマネージメントしている。現在、インデペンデント・レーベルも立ち上げるところだという。

ローガンは、ブロスが再結成すると突然知り驚いたが、「幸運を祈っている」とBBCに話した。しかしながら、彼にとって表舞台での音楽活動は過去のもので、「彼らも知っていると思うけど、僕は興味ない」と再結成に参加しないことを明言した。

ブロスは2017年夏にUKでアリーナ・ツアーを開催する。最初に発表されたロンドンO2アリーナでの公演、2万枚以上のチケットはたった7秒で売り切れた。


Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス