ニール・ヤング、メタリカやロジャー・ウォーターズと共演

ツイート

週末(10月22・23日)、ニール・ヤングが毎年開いているチャリティ・コンサート<Bridge School Benefit Concert>にメタリカが出演し、両者が共演を果たした。

◆<Bridge School Benefit Concert>映像


ヤングは、メタリカのパフォーマンスの最後でステージに登場し、彼らとバッファロー・スプリングフィールドのカヴァー「Mr. Soul」をプレイしたそうだ。

メタリカは公演後、Twitterでその映像を公開。「ミスター・ニール・ヤング、俺らを#Bridge30でプレイさせてくれてありがとう! 素晴らしい時間を過ごした!」とつぶやいている。

メタリカはこの公演で、「Enter Sandman」や「Hardwired」に加え、ディープ・パープルの「When A Blind Man Cries」、ザ・クラッシュの「Clampdown」などもカヴァーした。また、「Hero Of The Day」を1999年11月以来初めてプレイしたそうだ。

一方のニール・ヤングはボブ・ディランの「Blowin’ In The Wind」をパフォーマンスしたほか、ロジャー・ウォーターズのステージにも参加し、同じくディランの「Forever Young」をプレイしたという。ヤングはこのほか、ノラ・ジョーンズ、ウィリー・ネルソン、マイ・モーニング・ジャケットらとも共演した。

30回目を迎えた今年の<Bridge School Benefit Concert>には、ヤング、メタリカ、ロジャー・ウォーターズ、ノラ・ジョーンズ、デイヴ・マシューズ、ウィリー・ネルソン、マイ・モーニング・ジャケット、ケイジ・ジ・エレファント、ニルス・ロフグレンらが出演し、10月22・23日に米カリフォルニア・マウンテン・ヴューで開かれた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス