【ライブレポート】ap bank発<MUSIC for ASO>熊本・阿蘇復興への思いこめ開催

ツイート

2016年10月22日(土)、熊本県野外劇場アスペクタにて音楽フェスイベント<MUSIC for ASO 2016 supported by ap bank>が開催され、小林武史・櫻井和寿らによるBank BandのほかMISIA、秦 基博、藤巻亮太、Salyu、熊本在住の東田トモヒロ、DJダイノジらがイベントへと出演した。

◆<MUSIC for ASO 2016 supported by ap bank>画像

今回のMUSIC for ASO 2016 supported by ap bankは、最初からすべてが特別だった。熊本地震の影響の残る熊本・阿蘇の復興のため、短い期間で実現したものであること。ap bankをはじめ地域・行政・アーティストが手を取り合うことでようやく叶った企画であること。そして、ap bankにとっては九州初となるイベントであること――。

4月の地震以来、阿蘇では道路状況や渋滞などが懸念される中、6000人の来場者は阿蘇在住の人を除き、すべてツアーバスでの来場となる。イベント1週間前には阿蘇山の噴火もあった。そして、念願の当日は前日から続く雨。この日ステージに上がった蒲島郁夫熊本県知事からは「もしかしたら、半分ぐらいしか来場がないかもしれないと思った。しかし、6000人全員が来場と聞いて驚き、心から感謝している」とのコメント。時折、激しすぎる雨脚に、30年余前に熊本県野外劇場アスペクタで開催された「BEATCHILD (ビートチャイルド)」という伝説のロックフェスティバルになぞらえたアーティストもいた。だからこそ、今日という1日は、アーティストにとってもオーディエンスにとっても、特別な思い出として刻まれることになった。





プロデューサー小林武史とMr.Childrenの櫻井和寿が中心となり設立されたap bank。日本のトップミュージシャンによって構成されるスペシャルバンドBank Bandと、名実共に一線で活躍中の豪華ゲストボーカルと名曲のコラボ。櫻井和寿、MISIA、藤巻亮太、秦 基博、Salyu、東田トモヒロそれぞれのコアなファンでさえ、普段見ることができない新しい魅力と可能性を、このステージで堪能できる贅沢な4時間だった。

確かに、これまでのap bankが手がけてきたフェスとは規模も日数も違うかもしれない。実際、来場者の中には、野外ライブが初めてだという方や家族連れも多かった。雨の中でも、皆が純粋に曲を楽しみ、踊り、雨にけぶる阿蘇の情景を楽しみ、笑顔になる。汗か、雨か、涙かわからないほど感激している人もいた。ミニマムだけど凝縮された特別感がある。櫻井和寿がライブ中「最高!」と連呼したように、音楽の偉大さにあたらめて感動した瞬間だった。

地域の人とのつながり、絆の大切さも、会場のあちこちで感じることができた。オープニングで南阿蘇の小倉地区に伝わる郷土芸能「小倉の虎舞」保存会メンバーによる“虎舞”とおはやしがステージを彩ったり、会場内には阿蘇を体験・体感する食イベント「“阿蘇”世界農業遺産復興マルシェ」も開催。阿蘇の人気飲食店や農家組合など40店舗が出店し、阿蘇の魅力の詰まった食を求め、常時行列ができていた。音楽イベントの域を超えた遺産を、地域に確実に残せたライブとなった。

レポート: AKI MATSUMOTO (KUMAMOTO LIVING)
カメラマン:宇宙大使☆スター
(c)MUSIC for ASO 2016

◆<MUSIC for ASO 2016 supported by ap bank>オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス