バッド・カンパニーのミック・ラルフス、脳卒中で入院

twitterツイート

バッド・カンパニーのギタリストでモット・ザ・フープルのメンバーだったミック・ラルフス(72歳)が、先週、脳卒中で倒れたという。

◆バッド・カンパニー画像

バッド・カンパニーは金曜日(11月4日)、Facebookに声明を出した。「先週土曜日(10月29日)ロンドンのO2アリーナでバッド・カンパニーのUKツアーを終えた後、バンドの共同創設者、ギタリスト、ソングライターであるミック・ラルフスの家族と代理人は、悲しいことに、ミックが脳卒中で倒れたことをお知らせします。ミックは病院で素晴らしい治療を受けており、回復しつつありますが、今後の活動は良くなるまで保留しなくてはなりません。みんなが、ミックが早く良くなるよう願っています。続報はしかるべきときにお伝えします」

ラルフスは以前から体調が良くなかったのか、この夏行なわれたバッド・カンパニーの全米ツアーは「これほど移動するのは気が進まない」と参加しなかったが、10月にUK8都市で開かれたツアーで復帰していた。声明が発表された日に予定していた彼のブルース公演はキャンセルされた。

お大事に。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報