【レポ】モンパチフェス<WWW!! 16>、サプライズ連続の「ワッタァ ステージ」

twitterツイート

11月5日(土)、6日(日)、沖縄県豊見城市豊崎美らSUNビーチ特設会場は素晴らしい秋晴れに恵まれ、真っ青な空と海をバックに輝くようなバンドサウンドが次々と響き渡った。MONGOL800が主催する<What a Wonderful World!!16>は、素晴らしいハッピーバイブを繰り出す沖縄の野外フェスだ。

◆ワッタァ ステージ画像



ハブ/マングース/ビーチと名付けられた3つのステージで総勢43組のアーティストがパフォーマンスする中で、BARKSはオフィシャルwebメディアとしてフェスに参戦、ユニクロ/リコー/第一興商のサポートによって会場内食事エリアの隣に「ワッタァ ステージ」が設置され、FM Okinawa×BARKSというタッグで出演アーティストによるトークセッションや誰でも参加できるカラオケ大会が盛大に開催された。

最初に「ワッタァ ステージ」に登場したのは、髙里悟(MONGOL800)に連れられてやってきた10-FEETのメンバーだ。ステージを終わらせたばかりの10-FEETのメンバーだったが、まだまだエネルギーは満ち満ちており、会場の真上を滑空する飛行機の騒音をネタにしながら、爆笑トークを繰り広げてくれた。

モンパチフェス SiMの皆さん&タカシさん&サトシさんが、BARKSワッタァステージにいらっしゃいました! はいシータ! #www16 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA


夕方には、突然、難波章浩(NAMBA69)と綾小路翔(氣志團)、TOSHI-LOW(BRAHMAN)の3人が「ワッタァ ステージ」に現れ、ドカドカとステージに上るサプライズが沸き起こった。突然のサプライズにスタッフもドタバタ、アーティスト3人のあとから司会者が登壇するという珍事からトークセッションがスタートした。

普段ではありえない謎の組み合わせに会場は騒然となっていたが、「3人いないとハイスタじゃないからね」とボケをかまして、フリートークが進んでいく。ひょうひょうとしたトークにスナップの効いた冗談が幾度となく絡み、会場は爆笑続きのトークセッションとなった。2017年には氣志團デビュー15周年、結成20年を迎えるという綾小路翔は、「そういうことで、そろそろ本気を出します。今までは長いリハーサルのようなもの」と笑いを誘いつつ、2011年に初参戦した<What a Wonderful World!!11>での楽屋ネタも飛び出し、会場は大爆笑となった。

#モンパチフェス 氣志團・綾小路 翔さん、BRAHMAN・TOSHI-LOWさん、NAMBA69・難波章浩さんが飛び入り参加!ワッタァステージはパニクりましたが、はいシータ! #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA




「ワッタァ ステージ」に現れたのはミュージシャンのみならず、ざわついたのはサッカー元日本代表のエースストライカー高原直泰選手がステージに現れたときだった。高原選手は沖縄SV(オキナワ エスファウ)というサッカーチームを沖縄に設立、将来のJリーグ入りを目指して、自ら選手/監督/代表の3役をこなしながら沖縄で活動をしているのだという。音楽フェスともコラボすることでサッカーを盛り立てたいという想いを語り、ステージの後方のビーチでビーチサッカーで汗を流しましょうと問いかけた。ビーチサッカーに参加したという男性は、「やべえー、高原直泰選手と一緒にサッカーやっちゃまったよ。チケット代完全に元取った」と、興奮冷めやらぬ様子だ。





「ワッタァ ステージ」で繰り広げられたこれらの様子は、リコーの360度カメラ「THETA S(シータ・エス)」で撮影されており、360度映像がYouTubeで生ストリーミング配信された。

#モンパチフェス 360°全てを撮影するカメラ リコーのTHETAをモンパチメンバーに使ってもらいました。モンパチフェスの裏側を丸っと見ることができる360°写真がたくさん僕の手元に届いています。近日公開します。乞うご期待。#www16 #theta16 - Spherical Image - RICOH THETA


なお、アーティストのトークセッションの合間は、誰でも参加できるカラオケステージとして開放されており、老若男女様々な音ファクファンがステージに上り、思い思いの楽曲を笑顔で楽しんでいた。MONGOL800をはじめとする様々なアーティストをお目当てに<What a Wonderful World!!16>にやってきたオーディエンスたちだが、自分が主役となるカラオケステージでは、SiMからMr.Children、マキシマム ザ ホルモン、中島みゆき、ビリー・ジョエルからDream5「ようかい体操第一」まで、バラエティの富んだ楽曲が「ワッタァ ステージ」から飛び出してきた。カラオケはカラオケの最新機種「LIVE DAM STADIUM」が使用されていることもあり、その最高音質に「歌いやすい」「気持ちいい」と、高テンションがやまない様子だ。


なお、当日「#UTme!」「#UTme」のハッシュタグで会場で撮影した記念写真をアップしてくれた方へ、BARKSのユーザー投稿企画「音踊人(おどるビート)」の限定ラバーバンドもプレゼントされた。「UTme!(ユーティーミー)」はスマホから簡単にオリジナルTシャツが作れるユニクロのサービスで、「ワッタァ ステージ」のスタッフTシャツは、全てこのUTme!で作られたもの。現在は、UTme!を使ってMONGOL800がオリジナルTシャツを製作中というワクワク企画も進行中だ。どんなデザインのTシャツができ上がるか、こちらも後日のご報告をお楽しみに。








■<MONGOL800 ga FESTIVAL What a Wonderful World!!16>

11月5日(土) 沖縄県 豊見城市 豊崎 美らSUNビーチ 特設会場
11月6日(日) 沖縄県 豊見城市 豊崎 美らSUNビーチ 特設会場
開場 11:00 / 開演 13:00 / 終演21:30(予定)
▼チケット
全自由 各1日券 7,800円(税込) / 2日通し券 15,000円(税込)
6歳以上有料。チケットをお持ちの保護者1名様につき、未就学のお子様1名まで入場無料
▼11/5(土)出演者
MONGOL800 / うないぐみ / 氣志團 / 佐野元春&THE COYOTE BAND / サンボマスター / スチャダラパー / SPECIAL OTHERS / 10-FEET / 東京スカパラダイスオーケストラ / 夏木マリ / BRAHMAN / 紫(MURASAKI) / 奢る舞けん茜 / Churashima Navigator / DOZAN11 / DOBERMAN / NAMBA69 / MIGHTY CROWN / Monster Rion / U-DOU&PLATY /ヨースケ@with ウクレレジプシー / BuheeeN(OA)
▼11/6(日)出演者
MONGOL800 / オルケスタ・デ・ラ・ルス Guestアルベルト城間(ディアマンテス)、宮沢和史 / THE King ALL STARS / SiM / チャットモンチー / Dragon Ash / ねごと / 真心ブラザーズ / RIZE / RIP SLYME / レキシ / WANIMA / 赤土 / 浅草ジンタ / サイプレス上野とロベルト吉野 / Sweet Hollywaiians / Tomoyuki Tanaka (FPM) / トレモノ / PORTRIVERS / 山嵐 / RYUKYUDISKO / Civilian Skunk(OA)

◆モンパチフェス BARKS特設サイト
◆MONGOL800 オフィシャルサイト
◆MONGOL800『Pretty good!!』特設サイト
◆MONGOL800 ga FESTIVAL What a Wonderful World!!16
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報