ザ・ウィークエンド「ダフト・パンクのスタジオは宇宙船のようだった」

twitterツイート

ザ・ウィークエンドが、ダフト・パンクとのコラボについて語った。彼らのスタジオで特別な体験をしたそうだ。

◆ザ・ウィークエンド画像

今月リリースするニュー・アルバムのタイトル・ソングで1stシングル「Starboy」で彼らと共作したザ・ウィークエンドは『The Wall Street Journal』のインタビューでこう話した。「彼らのスタジオは宇宙船のようだ。たくさんのギアがあるんだ。でも、彼らの音楽の作り方、彼らの表現の仕方は映画のようだった。彼らはまるで小説の1ページを読んでいるかのようだった。“最後には、太陽が昇るような感覚を持たせたい。それに、カー・チェイスがあるような”って言うんだよ。彼らにはそれができる技術がある。でも、彼らが音楽をどう心に描くのか、すごく興味深かった」

また、ニュー・アルバムは「デヴィッド・ボウイとプリンスの死に1000%影響を受けている」と語った。ボウイを「大好きだ。彼は究極の発明家だ」と称え、プリンスとは彼が亡くなった時期、一緒にスタジオに入る予定だったと明かした。

世界各国で1位を獲得した『Beauty Behind The Madness』(2015年)に続くザ・ウィークエンドの新作、3枚目のスタジオ・アルバムとなる『Starboy』は11月25日にリリースされる。

ザ・ウィークエンドは、シングル「Starboy」のジャケ写で新ヘアスタイルを披露したが、髪を切ったことで「寝るのもシャワーもすごく楽になった」そうだ。


Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報