クラシカルなメロとサウンドに、ゾクゾクするような妖艶な歌声を絡めて歌う唯一無二なアーティスト性を個性とするチェロ弾き歌姫・分島花音と、声優を本業としながらも、2012年に、自身がヒロイン・黒雪姫を演じたアニメ『アクセル・ワールド』の後期エンディングテーマ「ユナイト」でデビューした三澤紗千香。ファンの間では知られているように、公私共に仲良しであるという2人。そんな2人の、ありそうでなかった待望の対談がここに実現! プライベートでの2人の関係性が覗き見れるようなアットホームな対談は、それぞれの魅力を存分に感じてもらえる時間となりました。

◆分島花音×三澤紗千香~画像~

■ちゃんと三澤さんのことを知ってから歌詞を書きたいなと思って会いに行ったんです(分島)
■“私はなんて暗い人生を送ってきたんだろう”って思いながら話したのを覚えています(三澤)


──花音ちゃんと紗千香ちゃんは、プライベートでも仲良しだということだけど、最初の出逢いは?

分島花音(以下、分島):三澤さんのデビュー曲の「ユナイト」の作詞をさせてもらったことがきっかけでした。アニメ『アクセル・ワールド』の後期エンディングテーマでもあったんですけど、三澤さん自身のデビュー曲になる楽曲ということもあったので、ちゃんと歌う人のことを知ってから歌詞を書きたいなと思って、実際に会ってお話してから書こうと思って、会いに行ったんです。

三澤紗千香(以下、三澤):スタジオでしたよね。どれだけの音域が出るのかとか、どの音で歌ったら1番いい声で歌えるのかとか、大人の人たちに見られる会みたいな所に、分島さんが来てくださって、スタジオの隅っこの方で、すごく親身になって私の人生を聞いてくださったんですよ。

分島:パーソナルなことも伝えていけるような歌詞がいいよね、っていう話になって、いろいろと話していったんです。


──最初の印象ってお互いどうだった?

三澤:私は、分島花音さんという存在は知っていたんですけど、分島さんのデビュー当時の印象が強かったので、実際にお会いしたときに印象が全然違った。私が知っていたロリータの分島花音さんと同じ人だと気付くのに、ちょっと時間がかかったんです!

分島:あははは。そっかそっか(笑)。初めて会ったとき、何着てたっけ(笑)? 全然覚えてないや(笑)。

──4年前のことだからね、さすがにそのとき着てた服までは覚えてないんじゃない(笑)?

分島:あ、そっか(笑)。

三澤:でも、ロリータではなかったことは確実です。

──でも、そうだよね、最初の頃は謎に包まれたチェロ弾き少女だったもんね、花音ちゃん。

三澤:そうなんですよ! ちょっとミステリアスな感じで。

分島:デビューした頃、10代ですからね(笑)。今の活動の感じとは印象違いますよね。

三澤:ですよね(笑)。私は、最初に分島さんに会ったのが10代でした。右も左もわからない状況の中、分島さんは、すごく親身に私の話を聞いてくれたんです。自分で自分の人生を語りながら、“私はなんて暗い人生を送ってきたんだろう……”って思いながら話したのを覚えています。

分島:そんな暗くないよ(笑)。三澤さんが、いろいろと自分のことを話てくれたんですけど、やっぱりそのときも、“すごく自分は暗い”って言っていて。でも、そんなふうには見えなかったんです。すごくちゃんとハキハキ話してくれてたし。でも、悩める学生時代を送っていたみたいだったので、そんなことも歌詞に入れつつな感じで。

三澤:いやいや、暗さは滲み出ていたと思うんですけど、分島さん、そのときも、“全然そんなイメージじゃないよ”って言ってくれて。あぁ~、なんて優しい人だろう! って思いました。だから、すごく素直に全部話せたんです。その私の言葉を、ちゃんと歌詞に入れて書いてくださったので、すごく嬉しくて! だから、今も「ユナイト」は私の中で特別な曲になっています。


──9月28日にリリースされたベストアルバム『-INFINITE Selection-』の2曲目に入っているよね。

三澤:そうなんです! 「ユナイト」は、今歌っていても、その時の気持ちを鮮明に思い出せたりとか、過去の自分から、今の自分に“三澤! しっかりしろよ!”って言えわれてるみたいな、特別な1曲なんです。すごく勇気づけられるし。自分の原点として、いつでも帰ってこられる場所になっています。自分を見失いそうになったときに、「ユナイト」を聴くと、ドキッとさせられるんです。それくらい、私にとって大事な曲。本当にデビュー曲を分島さんに書いてもらえて良かったなって、本当にずっと思っているんです。

分島:いやいや、恐縮です。

三澤:ちゃんと一つ一つ私の言葉を逃さずに聞いてくれて。本質を見極めようとしてくれてる人だなって。

分島:いやいや、褒め過ぎてない? ホントに思ってる(笑)?

三澤:思ってましたよ。今も思っています。本当ですよ!

分島:ありがとう(笑)。

三澤:だって、あの頃の私って、まだちゃんと自分のことすらまともに伝えられなかったですからね。よくあんな会話から、ここまで読み取ってもらえたなって、今でも読み返して思うんです。私、特にDメロが大好き。

分島:あぁ、そういえば、Dメロ聴いて泣いてたね。

三澤:そうなんですよ! すっごい大好きで!

分島:三澤さんのラジオに遊びに行ったとき、“デビュー曲懐かしいね~”って聴きつつ、いろいろと当時のことを振り返りながらやり取りしたトークの中で、いきなり泣き出して。そんなに!? みたいな感じだった(笑)。

三澤:いや、大好きなんですよ!


▲『-INFINITE Selection-』<アーティスト盤>


▲『-INFINITE Selection-』<通常盤>

──関係性としては、紗千香ちゃんが花音ちゃんを姉貴分として慕っている感じかな?

分島:いやぁ、なんか私がボーッとしてるから、“しっかりしてくださいよ!”って言われてる感じなんで、姉貴分的な存在ではないと思いますよ(笑)。明らかに三澤さんの方がしっかりしているので。

──でも、やっぱりこうやって2人と一緒に話してみると、花音ちゃんが長女で紗千香ちゃんが次女って感じがするけどね。

分島:たしかに。次女の方がしっかりしていますからね。

──そうそう(笑)。普段は2人でご飯に行ったりするの?

分島:共通の知り合いが多いので、その人たちと大勢で遊びに行ったりしています。去年とかは、岸田教団&THE明星ロケッツのボーカルのichigoさんの主催で、仲の良い人たちばかりを集めて、東京と大阪と福岡でイベントライヴをしたんですけど、福岡でのライヴに三澤さんがゲストで来てくれたので、みんなでワイワイやったりしました。あとは、他にもライヴを一緒にやってたりしているので、その流れでワイワイとね。

三澤:お互いのラジオに遊びに行ったりとかしていますよね。

分島:うん。でもね、そういう時じゃないと、三澤さん忙しいから遊んでくれないんですよ(笑)。

三澤:いや、全然忙しくないですよ。いつでも誘ってくださいよ! でもですね、ぶっちゃけ、声優って、なかなかスケジュール出ないので、前日まで予定が分からなかったりするんですよ~。

分島:そうみたいなんですよ。だから、奇跡的にスケジュールが空いたときに、私が遊んでもらっています。

三澤:いやいやいや、私が無理矢理スケジュールが空いた時に連絡して、遊んでもらっているんです。

分島:一緒にお鍋食べたり、一緒に占いに行ったりね。

──占い!?

三澤:はい(笑)。みんなで、中華街の占いに(笑)。

──占いって大勢で行くものでもないと思うけどね(笑)。プライベートではどんな話してるの?

三澤:みなさんいつも熱くて、“アーティストとしてどうなっていきたいか”とか話していますよね。

分島:うん。みんな売れたい願望があるからね(笑)。

三澤:すごく向上心がある人たちだし、いい意味でのライバル心もちゃんとあって、それがすごく刺激的なんです。全部さらけ出してるというか。切磋琢磨出来る仲というか。すごいなって思う。私は、極力そのあたりはひた隠しにしていきたい人間なので、真逆で驚くというか。本当にすごい人たちだなって思うんです。

分島:みんな本当にちゃんと考えてる。すごいなって思う。それに、三澤さんに関しては、声優業界というまた別なジャンルのお仕事をしている人ということもあって、すっごい興味があるんで、いろんなこと聞いちゃうんです。現場ではどういうふうに演技してるの? とか、役作りってどうやってやるの? とか、本当に初歩的な素人質問をいっぱいしちゃってる感じですね(笑)。

三澤:私も、逆にアーティストさんというところにすごく興味があって、普段どうやって曲を書いたり、歌詞を書いたりしてるんだろう? って、いろいろと質問攻めにしちゃっています(笑)。タイアップの話がきたときって、だいたい、どれくらいの割合で考えていくんですか? って。自分にとって未知な世界だから、すごく興味があるんですよね。

◆インタビュー(2)へ