【特別対談】分島花音×三澤紗千香、「本質を見極めようとしてくれてる人だなって」「褒め過ぎてない? ホントに思ってる(笑)」

twitterツイート

■音作りをちゃんと見せていきたいと思って作ったってところが今作の特徴かな(分島)
■早く聴きたいな~。本当に歌っているときの分島さんってミステリアスですもんね(三澤)


三澤:11月にリリースされるアルバム『luminescence Q.E.D.』の中で、やりたいことに挑戦したことってありますか?

分島:もともと、ライヴの雰囲気をCDに落とし込む作業をしたかった。いままでは、ライヴとCDを別々に捉えてるところが自分の中で多かったから。アニメのテーマソングとなると、自分の中から衝動的に出た作品とは作り方も違うので、そういう意味でアニメのイベントに呼んでいただいたときのパフォーマンスと自分のワンマンで魅せるパフォーマンスとは違っているからね。そこに来てくれたお客さんそれぞれに、楽しんでもらえるように敢えて違う感じにしているし。だから、アニメソングのイベントに来てくれて私を観てくれた人たちの中には、ワンマンでの私を観てくれていない人もいるので、本当の意味での分島花音のイメージが全然ないと思っていて。そういう意味でも、もっと本当の意味での分島花音をCDから知ってもらいたいっていう思いもあった。ワンマンではバンド編成でやっているから、全然見え方も違うから。次のワンマンのライヴでは、ホーンが8本入るんだけど、アルバムでも、そういう楽器とバンド編成から生まれる熱というか、音作りをちゃんと見せていきたいなと思って作ったってところが、今作の特徴かな。

──「平凡な僕」とか、音圧というか奥行きがすごく見えたサウンドになっているもんね。

分島:そうですね。「平凡な僕」は、今言ったみたいな、このアルバムでやりたいこと、見せたいことが出来た1曲になったなって思います。

──「Unbalance by Me」とかは、分島花音の個性を感じさせながらも、アニメイベントで花音ちゃんを観ている人が、そこまで違和感なく花音ちゃんを感じられるような1曲でもあるのかなって思うし。

分島:「Unbalance by Me」は、前のツアーのときに書き下ろした曲なんですけど、前回のアルバム以降、いろんなジャンルのお客さんが来てくれるようになって。アニソンファンからしたら、“もうアニソンは歌わないの?”って不安になっただろうし、純粋に分島花音の歌から入ってくれたファンの人たちからしたら、“アニソンばっかになっちゃうの?”っていう不安もあっただろう中で、私はどっちも切り捨てるつもりはないよ、っていう気持ちを伝えたくて書いた1曲だったんです。


▲『luminescence Q.E.D.』<初回生産限定盤>


▲『luminescence Q.E.D.』<アーティスト盤>


▲『luminescence Q.E.D.』<通常盤>

──なるほどね。しかし、「Drink Drunk Music」なんて、もぉ、コア路線まっしぐらだしね。

分島:あははは。そうですね。「Drink Drunk Music」は、私のやりたいことをただただやっているだけなので(笑)。

──めちゃめちゃカッコイイよね。ヤバイ。才能でしかないよね。

分島:嬉しい。ありがとうございます! さっき話した、12月のライヴでホーンが8本入るっていう、ライヴのために書き下ろした1曲なんです。管楽器がカッコ良く聞こえる曲を作りたいと思って。CDのメインテーマというか、リード曲になっているのは、ラストに入っているアルバムタイトルにもなっている「luminescence Q.E.D.」なんですけどね。

──「luminescence Q.E.D.」も不思議な世界観の1曲だよね。ルーズでありながら、壮大な雰囲気があって、力強いというか。ギターフレーズから始まっていく感じが「Drink Drunk Music」の持つ雰囲気と全然違っていて。

分島:「luminescence Q.E.D.」は、8分の6拍子にしてるんです。ゆったりとしてるというか。イメージとしては、大海原に船を浮かべてゆっくり進んで行ってる感じ。今回のアルバムは全部で10曲入るんですけど、ジャンルが散漫過ぎて(笑)。何処に行きたいんだろ? って思われるかもしれないんですけど、バンドじゃなく、ソロのシンガーソングライターの強みでもあるのかなって思ってたりするんです。あまりジャンルに縛られないように、好きなことが出来たのかなって思います。


──「odette」もすごく良かったな。レトロな雰囲気が漂うところとかも、花音ちゃんの個性の大きな魅力でもあるからね。「odette」は、そのあたりがすごく出てたなって思う。クラッシックを纏っているから、気品があるんだけど、ちょっとミステリアスで妖艶で、蓮っ葉な香りも漂うっていうね。

三澤:まさに分島花音節ですね! 早く聴きたいな~。本当に歌っているときの分島さんってミステリアスですもんね。どうやって暮らしてるのか気になって仕方ないですもん。どうやって暮らしてるんですか?

分島:普通だよ(笑)。

三澤:生活感まったくないですもん。

分島:めっちゃあるじゃん。

三澤:ないない。全くない。

分島:うっそ~(笑)。

三澤:何食べてるんですか?

分島:お菓子と生ハム。

三澤:ほら、やっぱり普通じゃない!

──花音ちゃん、そういえば、コンビニの普段遣いの生ハムの味にうるさいんだよ(笑)。

分島:でも、前に、味が変わったかな? って思った生ハムの味がまた最近変わって、あれ? って思って見たら、製造元が変わっていたんです。

──それが分かるってすごい。

三澤:それすごいですね。料理とかするんですか?

分島:するよ。サラダとかよく食べてる。アボカドとか使ったサラダが結構多いかな。冬はお鍋とかして食べてるよ。昨日は餃子をちゃんと包んで、水餃子にして食べたしね。

三澤:すごいですね!

──いろいろなことがいい刺激になるね、お互い(笑)。ところで、2人は共通の趣味とかあったりするの?

分島:共通のものってあんまりないよね? 葡萄が好きってことくらいかな?

三澤:あ、葡萄は好きですね、確かに。好みが合うとかじゃないですよね。最近何してます?

分島:最近ね、お菓子作りとかにハマっていて、夜中の2時くらいにオーブン温めだして、クッキー焼いてる(笑)。アイシングクッキー作ってるんです。見ます? 私の力作(笑)。

三澤:見る見る!

──(一同分島のiPhoneの写真を覗き込む)すごい! 売れるよ、花音ちゃん!

三澤:すっごい! プロじゃないですかこれ。

分島:これが楽しくて楽しくて。

三澤:女子力高いですね! 三澤と大違い。

分島:いやいや、これはね、女子力じゃないよ(笑)。ただの暇つぶしだもん。

三澤:いや、煎餅とかだったらちょっと女子力じゃないかな? って思いますけど、クッキーはかなり女子力高いっす。

分島:あははは。これはね、本当にただの趣味。楽しくて楽しくて。まず、デザイン画を描いてから作っていくんだけど、色を決めてるときとか、本当に楽しいんだよね。狂ったようにクッキー作ってるよ。

三澤:すごい! でも、今のタイトルで曲できそうですね。「狂ったようにクッキーを」って(笑)。見習いたいけど、無理だな。

分島:あははは。三澤さんも曲作ってみたら?

三澤:無理ですよ無理! 家でゲームしかしてないんですよ。毎日家に居るときは、背中を丸めて『Splatoon(スプラトゥーン)』してるんですから。そんな私に作曲なんて無理です無理。

分島:それで曲作ったらいいんだよ! 「背中を丸めて『スプラトゥーン』」って曲(笑)。

三澤:あはははは。いい曲じゃなさそ~(笑)。てか、曲を作っていくときも、クッキー作ってる感じみたいに作っていくんですか?

分島:そうだね。曲もイメージがあって、自分の中では鳴ってる楽器もはっきりしてるかな。頭の中でデザイン画描いてる感覚かな。

三澤:なるほど。

──ていうか、紗千香ちゃん、聞き出すの上手だね。

分島:そうなんですよ。聞き出し上手なんです。

──ライターになったらいいよ、すごくいいと思う。

三澤:あ、すみません、仕事取っちゃって! ラジオのパーソナリティとかやっているからついつい癖になっちゃって(笑)。

──あははは。いいよいいよ(笑)。純粋にすごいなって思ったから褒めたんだよ。

分島:良かったね、褒められたよ。

三澤:嬉しいです! でも、クッキー焼いてどうしてるんですか?

分島:自分で食べる(笑)。か、いろんな人に配ってる。でも、配られた人は、“またかよ~”って思うから迷惑してるかもね。

三澤:もらったことないですよ、私。今度くださいね!

分島:あははは。もらってくれる? ありがとう。じゃぁ、今度三澤さんのために焼くわね(笑)。

三澤:絶対ですよ。待っています!

分島:うん(笑)。

三澤:あと、一緒にライヴしたいです。

分島:あ、いいね! 一緒に何か出来たらいいね。また何か新しいものをお互いに発見出来るかもしれないしね。

三澤:はい。お仕事もですけど、プライベートでも、いっぱい遊んでくださいね。

分島:とか言いつつ、三澤さん、忙しいから遊んでくれないからね~。

三澤:いやいやいやいや、何言ってるんですか! そんなことないって言ったじゃないですか! こちらこそ、よろしくお願いします。遊んでください!

分島:あははは。うん。また遊ぼうね(笑)。

三澤:今日はありがとうございました!

分島:こちらこそ~。

取材・文●武市尚子

リリース情報

【分島花音】

『luminescence Q.E.D.』
2016年11月30日 発売
<初回生産限定盤> CD (2枚) + BD (3枚組)
品番:1000629294 POS:4548967299144 価格:¥5,500+税
<アーティスト盤> CD+DVD (2枚組)
品番:1000629176 POS:4548967298963 価格:¥4,000+税
<通常盤> CD (1枚組)
品番:1000629178 POS:4548967298987 価格:¥2,500+税

CD (DISC-1) 収録曲
1.Unbalance by Me
2.RIGHT LIGHT RISE
3.the BEAST can‘t BE STOpped
4.odette
5.平凡な僕
6.ノットフォーセール・フォッシル
7.君はソレイユ
8.Drink Drunk Music
9.Love your enemies
10.luminescence Q.E.D.

Blu-ray収録映像:
分島花音 LIVE TOUR 2016 『Unbalance by Me 』より
2016/6/26(日) Zepp DiverCity Tokyo 公演の模様を収録
封入特典:特典ブック (分島花音アナザーフォトなど)

【三澤紗千香】

『-INFINITE Selection-』
発売日:2016年9月28日(水)
<アーティスト盤>
CD+Blu-ray (2枚組)
品番:1000619693 POS:4548967288414 価格:¥3,500+税
<通常盤>
CD (1枚組)
品番:1000619690 POS:4548967288384 価格:¥2,500+税

CD収録曲:全10曲収録予定(曲順未定)
1.アラウド(オリジナル新曲)
『アクセル・ワールド ―インフィニット・バースト―』イメージソング
2.ユナイト (TVアニメ『アクセル・ワールド』後期エンディングテーマ)
3.トワイライト (シングル「ユナイト」CW曲)
4.リンクス (TVアニメ『とある科学の超電磁砲S』後期エンディングテーマ)
5.インフィニア (TVアニメ『とある科学の超電磁砲S』第23話挿入歌)
6.フェイス (TVアニメ『白銀の意思 アルジェヴォルン』エンディングテーマ)
7.telepath~光の塔 (劇場版 『とある魔術の禁書目録 -エンデュミオンの奇蹟-』劇中歌)
8.明日、晴れるかな (ミニアルバム「ポラリス」収録曲)
9.OVER(ARISA ver.) (ミニアルバム「ポラリス」収録曲)
10.sympathia (Accel World Original Soundtrack feat.ONOKEN)

Blu-ray 収録内容
本人出演の Music Video を Blu-ray画質で収録
・「ユナイト」
・「リンクス」
・「フェイス」

ライブ・イベント情報

【分島花音】
<ワンマンライブ『The strange treat!』>
2016年12月14日(水)日本橋三井ホール(東京)
2016年12月16日(金)味園ユニバース(大阪)


◆インタビュー(1)へ戻る
◆インタビュー(2)へ戻る

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon
amazon
amazon
amazon