井上陽水×ロバート キャンベル、歌詞の世界に迫る特別番組

ツイート

井上陽水の歌の世界を読み解く特別番組『ミュージック ドキュメント 井上陽水×ロバート キャンベル「言の葉の海に漕ぎ出して」』が11月23日(水・祝)19:00よりTOKYO FMにて放送されることが決定した。番組では、井上陽水の歌詞を英訳した日本文学研究者・ロバート キャンベルが、井上陽水との対談形式で歌詞の世界に迫る。また、歌詞の朗読は俳優の三上博史が担当する。

1970年代から井上陽水の歌を聴き始め、数年前に彼と知己を得てからはコンサートにも足を運ぶようになったというロバート キャンベル。入院生活をきっかけに歌詞の英訳を始めると、日本語の意味の曖昧さという壁に直面し、井上陽水に「これはどういう意味なんですか?」と質問をぶつけたという。番組では井上陽水の楽曲のオンエアとともに、2人の対談を通じて歌詞の世界を読み解いていく。

「アザミって秋の季語じゃなくて、 春の季語なんじゃ……」、「「飾りじゃないのよ涙は」に出てくる赤いスカーフは誰のもの?」と問いかけるロバート キャンベルに対し、「真実を表現することがモットーではない」、「曖昧にしているからいい」と応じる井上陽水。その歌詞を通じ、言葉の曖昧さが持つあたたかさや、言葉が持つ本来の力を見つめなおす107分の特別番組となる。

『ミュージック ドキュメント 井上陽水×ロバート キャンベル「言の葉の海に漕ぎ出して」』

放送日時:11月23日(水・祝)19:00~20:47
放送局: TOKYO FM
出演者:井上陽水、 ロバート キャンベル(日本文学研究者)、 三上博史(歌詞朗読)
この記事をツイート

この記事の関連情報