【インタビュー】横山ルリカ「積み重ねてきた一歩一歩が未来の自分を作る道しるべとなって導いてくれる」

twitterツイート

■日々感じたことは全部自分の身になっているから
■出て来る歌詞にもそれが反映されているんだろうな


――カップリングにもなっていた「New day」はラブソングですけど、「ミチシルベ」というアルバムに収録される意味のある内容ですね。この流れで聴くと、今まで恋愛していたけど、そこから自分の人生に目を向けるような視点が見える。

横山:確かに。「New day」も踏み出す曲です。人のせいにしたり、恨んだりせずに、前向きに変わっていこうという部分があります。

――「旅の途中」はアルバムの終わりに近づいている感じと、核心に近づいているような印象も受けます。

横山:そうですね。取材を受けていて、「これ横山さんが作詞したんですか?」って聞かれることがあったんですよ。(作詞・作曲・編曲:中村僚)

――私もクレジットを見る前はそう思っていました。

横山:きっと、歌詞を書いてくれた中村僚さんが私のイメージで書いてくれたからだと思うんですけど。私のこれまでの作品で、私のイメージが固まってきているんだなという喜びがありました。事前に「こういう歌詞をお願いします」と言ったわけではなく、お会いしたのはレコーディングの時が初めてだったのに。今までの私の曲を聴いただけで、こういう曲が上がってきたというのは、私のカラーが伝わっているということだから、すごく嬉しいです。


▲2nd Album『ミチシルベ』初回限定盤


▲2nd Album『ミチシルベ』通常盤

――今、自分は旅の途中だなと感じますか?

横山:感じますね。まだ成長したいと思いますし、今の自分で満足しちゃいけないなという思いもあるので。「途中」っていうことがずっと自分のテーマとしてあったほうが次のステップに進んでいける気がします。

――歌ってみてどうでしたか?

横山:この曲は音が高くて、生で歌ったら大変だなと思いました。レコーディングの時は気にせずに歌えるんですけど、Aメロ、Bメロ、サビという構成は変わらないのに、どんどん壮大にしていかないと曲に追いつけないというプレッシャーがありました。サビが終わったから、またAメロで落ち着けるというのではなくて、曲が終わりに近づくにつれてクレッシェンドしていかないといけないんです。盛り下がっちゃいけない曲なので。しかも、そのさじ加減が難しかった。急に大きくしてもいけないし、聴いている人の感情が曲の終わりに近づくにつれて徐々に盛り上がっていくようにしないといけないなと思ったので。

――なるほど。

横山:最後の「いつかまた会えるその日まで」にちゃんと繋げて、尻すぼみ感を出さないようにしたかったんです。

――実はこの曲の役割ってアルバムの中でも重要ですよね。ここでアルバムのテーマがさらにグッと深くなって、その後の横山さんが作詞した「いつかまた会えるその日まで」につないでいく感じですから。

横山:そうですね、「旅の途中」はアルバムの中でも重要な曲です。「いつかまた会えるその日まで」は、アイドリング!!!でいうと「さよなら・またね・だいすき」という曲をライヴの終盤にいつも歌っていたんですけど、雰囲気はそういう感じで書こうかなと思っていて。

――ライヴをイメージしたの?

横山:アルバムってライヴの流れと似ているから。曲調もそういう雰囲気だったので。おおまかな流れはすぐに書けたんですけど、細かいところはギリギリまで煮詰めて。レコーディングの時に直したところもあるんですよ。「ミチシルベ」とはまた違った時間のかかり方だったかな。細かい部分だけがなかなか決まらないっていう。

――これはファンの人に対しての思いですか?

横山:私は比較的ファンの方に会えている方だとは思うんですけど、ファンの方、仕事で会う方、誰に対しても、「会える」という気持ちを当たり前にしたくないなと思って。一回一回、会えることに感謝して書いた歌詞です。ファンの人もこう思ってくれていたら嬉しいなという思いがあります。「今日も会えて良かった」って思ってもらえたら嬉しいですね。お互いそういう気持ちで毎回フレッシュでいたほうが楽しいと思います。10年間応援してくださっている方もたくさんいらっしゃるので、その中で何10年先もお互いこういう気持ちでいられたらいいなぁという応援して下さっている方々に向けての曲でもあります。

――この曲も「ミチシルベ」と同じ原田アツシさん作曲なんですね。

横山:「メガラバ」の時に出会って。メッセージ性のある自分に合った曲を作ってくださる方なので、今回は原田さんではじまり、原田さんで終わるという。

――歌詞は横山さんではじまり、横山さんで終わりますよ。これは2枚目ゆえの成長ですね。

横山:こんなに自分が作詞した曲を入れてもらえるんだ!って思いましたし、このアルバムで初めてリード曲で作詞させてもらえたのも意味を感じました。今後もこの意味をかみ締めて活動したいです。

――自信を持って自分の作品って言えるものになりましたね。

横山:より自分に近いものが作れたと思います。

――初回限定盤には40ページの写真集がついているんですよね。

横山:ミュージックビデオとは違う衣装を着て、写真集を作るくらいの量と質の写真を撮ったのでかなり見ごたえがあります。見ずに終わってしまうのはもったいない内容ですよ。今まで特典でこんなすごい豪華なブックレットを作ったことはないです。しかも、グラビア誌で撮っているような写真じゃなく、女性誌っぽい感じで、すごくおしゃれなんです。いろんな洋服を着ていますし、メイクも今風なんですよ。だから、女性の方にも見てほしいですね。

――話は変わりますが、最近のブログは競馬寄りですね(笑)。

横山:週に一回、「競馬予想TV!」のお仕事で競馬と関わるというのはもちろんありますけど、競馬って、ギャンブルとしての面だけではない面白みがあるんです。すごいドラマティック。そういう部分でハマっています。私の唯一の趣味なんですよ。生まれて初めてできた趣味だから。いつも趣味を聞かれて困っていたんです。神社に行くくらいって言っても神社に興味のない人は話が広がらないから(笑)。だから、競馬と出会えたことは運命を感じます。

――競馬って、馬の血統を辿ったりするのも面白いですもんね。

横山:お父さんが一緒でも、横から見ると違うのに、お尻の形が一緒だったりするんです。そういうところも面白い。あと、競馬って、携わっている人がすごく多いんです。レースを見ているだけではわからないところに、こんなにたくさんの人が携わっているんだなと思うと、馬が自分と重なって。

――なるほど!

横山:ハマった理由の中で、それが一番大きいですね。自分のことを応援してくれるファンの人たちがいて。目に見えない裏方のスタッフさんにも支えられて走っている……そういうところは自分に重ね合わせることができるんです。取材をさせていただいてても、その道のプロフェッショナルっていろんな思いを抱えていてやっているんだなっていうのがわかるんです。大きなレースでなくても、馬も人も命がけですからね。そういうところで勝負している人たちの話を聞くと、自分ももっと頑張らなきゃなって励みにもなります。

――そうやって、歌のお仕事以外で感じることが今回の作詞にも生きているのかもしれないですね。

横山:はい。「めざましテレビ」でもリポーターをやらせていただいているんですけど、そこでもいろんな話を聞けて、競馬のお仕事でもいろんな人の話が聞けて、形は違うけど、自分の歌手活動にも生きています。作詞をしていても、日々感じたことは全部自分の身になっているから、出て来る歌詞にも反映されているんだろうなって思います。すべての仕事が関わりあって、相乗効果で今の自分になっているんだなって、このアルバムを作っていて思いました。

――日々、心を敏感にして、いろんなことを感じているんですね。

横山:日々発見です。人と会っていても、この人はいつも楽しそうにしているけど、心の中ではすごくいろんなことを考えているんだなとか、いろんな発見があって毎日楽しいですね。

――充実していますね。

横山:きっと、今が一番、いろんな種類の仕事をさせてもらっているから、それぞれの現場でリフレッシュになっているんだと思います。勉強と一緒ですね。国語ばかりやっていたら疲れちゃうけど、算数もやって社会もやってっていろんなことをやっているような。たくさん知識を得られると、得した気分になりますよね。競馬のお仕事も「めざましテレビ」のリポーターも、歌とは違う世界だけど、そういう違う現場での私の仕事を見てくれて、興味を持ってくれる人がいるというのも実感できているから、このタイミングでアルバムが出ることは意味があるなぁと思います。

――来年はワンマンライヴにもぜひ挑戦してほしいです。

横山:まだワンマンライヴをやる実力はないのかなと思うので、できるくらいの力をつけたいというのはずっと思っています。アルバムを2枚出しても、この思いは変わらないですね。「やりたい」という気持ちよりも、ちゃんと良いクオリティで、12曲とか13曲を届けられる自信がないというのが正直なところなので。だから、やるならしっかり準備したいんです。『ミチシルベ』のリリースイベントでは、ワンマンライヴができるようになるための自信をつけていけたらいいなと思っています。

――2017年も充実した良い年になるといいですね。

横山:そうですね。2015~16年はすごく良い年だったので、きっと来年もいい年になると思います。来年の年末には、今年と同じように「いい年だったなぁ」と思えるように、充実した日々をちゃんと重ねていきたいと思います。

取材・文●大橋美貴子




2nd Album『ミチシルベ』

2016年11月30日発売
【初回限定盤】 CD+DVD+40P 写真集
\4,630(+ 税) ※ボックス仕様 VBZJ-30
【通常盤】 CD ¥2,963(+ 税) VBCJ-60005

1.ミチシルベ
2.瞬間Diamond
3.SHUT YOUR MOUTH!!!!!!
4.ユメイロ
5.初めての恋
6.Corona
7.明日のために
8.七色のプリズム
9.Precious Love
10.New day
11.旅の途中
12.いつかまた会えるその日まで
[DVD]
・「ミチシルベ」Music Video
・「ミチシルベ」Making
・ルリカの休日~アウトドア編~

ライブ・イベント情報

<New Album「ミチシルベ」発売記念イベント ミニライブ&握手会>
【日時】11月30日(水) イベント開始18:00~ 
【会場】お台場ヴィーナスフォート2F 教会広場

【日時】12月1日(木) 集合時間18:00/イベント開始18:30~ 
【会場】タワーレコード梅田NU茶屋町店

【日時】12月3日(土) イベント開始13:00~
【会場】東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ

【日時】12月4日(日) 1回目…13:00~/2回目…16:00~
【会場】イオンモール幕張新都心 アクティブモール1F 「スポーツオーソリティコート」

<「ミチシルベ」リリース前夜祭・スペシャルライブ>
【開催日】2016年11月29日(火)
【会場】ヤマハ銀座スタジオ
http://www.yamaha.co.jp/yamahaginza/access/index.html


◆インタビュー(1)へ戻る

twitterこの記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報

amazon
amazon