Taylor人気の300シリーズが、上位機種に採用される装飾を施した高級感あふれるモデルで登場

twitterツイート

人気モデルをベースに豪華仕様を取り入れた限定モデルが、島村楽器とTaylor Guitarsのコラボレーションにより登場した。上位機種に採用される装飾を施した高級感あふれる4モデルをラインナップ、11月25日より全国の島村楽器で数量限定で発売される。

弾き語りやライブ活動を行う人から趣味まで幅広い層に人気のTaylorアコースティックギター。近年増加中の「アコギ女子」の影響もあり、そのユーザー層はさらに拡大している。そうした状況を受けて開発されたのが、定番モデルをベースに、さらに付加価値を増した島村楽器オリジナルモデルだ。Taylorはこれまでディーラー限定モデルはいっさい生産してこなかったが、今回、島村楽器との協力関係により、ついにオリジナルモデルが実現した。

全モデルともTaylorの定番モデルの一つ、300シリーズをベースに上位機種の仕様を取り入れているのがポイント。たとえば、指板インレイには上位モデル800シリーズに採用されるElementsを、サウンドホールリングには同じく上位モデル600/800シリーズと同仕様のAbalone Single Ringを採用。合わせてバインディングカラーは通常仕様の黒から白に変更、ボディだけでなくネックにもバインディングを施した。サイド/バック材の仕上げはサテンからグロス仕上げに、ヘッドの突き板もローズウッドからエボニーに変更、ブリッジピンにもアバロンドットの装飾入りとするなど、高級感あふれる仕上がりとなっている。

外観以外ではナット幅を通常の1 3/4”(44.45mm)から1 11/16”(42.87mm)に変更。女性や手が小さい人でも弾きやすくなっている(314ce SP LTDのみオリジナルと同じ1 3/4”)。このほかピックアップはES2を採用、DLX Hard Shellケースが付属する。

ラインナップはグランド・オーディトリアム・シェイプの「314ce SP LTD/N」(70本限定)と「314ce SP LTD」(10本限定)、グランド・コンサート・シェイプの「312ce SP LTD/N」(10本限定)、ドレッドノートの「310e SP LTD/N」(10本限定)。


▲314ce SP LTD/N


▲314ce SP LTD


▲312ce SP LTD/N


▲310e SP LTD/N


▲ボディ、ネックに白いバインディングを採用。


▲サウンドホールには600/800シリーズ同様のAbalone Single Ring。


▲ブリッジピンはアバロンドットタイプに変更。


▲ヘッド突き板にエボニー材、指板インレイにはElementsを採用。


▲バックにも白のバインディング。

製品情報

◆314ce SP LTD/N
価格:320,000円(税別)
◆314ce SP LTD
価格:320,000円(税別)
◆312ce SP LTD/N
価格:320,000円(税別)
◆310e SP LTD/N
価格:280,000円(税別)
発売日:2016年11月25日

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報