カニエ・ウェスト、ツアーをキャンセル

twitterツイート

土曜日(11月19日)、数曲パフォーマンスしたところで10分以上に渡り怒りの熱弁を振るった後、突然ステージを去り、翌日の公演も中止したカニエ・ウェストが、この後のツアーの日程全てをキャンセルした。

◆カニエ・ウェスト画像

8月終わりにスタートした<Saint Pablo>ツアーは12月31日まで63公演が開かれるはずで、中断された土曜日は41公演目だった。

プロモーターのLive Nationは、残りの日程全てがキャンセルされ、チケット代は5~7日以内に返金するとツイートしたが、彼らからもカニエ側からも理由は明かされていない。

全米の後にはヨーロッパ・ツアーが開催されるといわれていたが、現時点でその見通しは暗い。

カニエは土曜日、3曲でパフォーマンスを中断。そして、10分以上に渡りビヨンセやジェイ・Z、ヒラリー・クリントン、マーク・ザッカーバーグ、ラジオ局、MTVなどに向け怒りをぶちまけた後、ステージを去った。ラジオ局がフランク・オーシャンの曲を流さないと話し始めたのを機に、次から次へと不満が飛び出したと伝えられている。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報