先週(11月18日)、8年ぶりの新作『Hardwired…To Self-Destruct』をリリースしたメタリカは、この先ツアーに乗り出すが、それは少なくても2年間は続くそうだ。

◆メタリカ画像

イタリアの『Linea Rock』のインタビューで、今後の計画について問われたジェイムス・ヘットフィールドはこう答えた。「俺らの計画は…、少なくても、いまのところ2年間(ツアーの)予定が入っている。短くてもだ。だから、先のことは予想できない。だが、そこから始め、それ以上のことがあればと思っている。それに、俺は8年より早く新しい音楽を作りたい。新しい音楽を聴く、それをほかの人達に聴いてもらうことでこんな喜びと楽しみを味わえるなんて。だから、俺らはそれほど長く待ちたくない」

彼らの公演は現在のところ、米オークランド(12月)、1月に韓国、中国、香港、シンガポール、デンマーク・コペンハーゲンでの4公演(2月)、南米5公演(3~4月)が告知されている。

『Hardwired…To Self-Destruct』は今週、全米チャートの1位に初登場するものと予測されている。このジャケ写に関して、ヘットフィールドはこう話した。「俺らの異なる面を重ね合わせたのはホントにクールなアイディアだと思う。様々な顔、様々なエモーション、様々な表情を持つこのメタリカ・ビーストのヴィジュアルはすごくパワフルだ」


Ako Suzuki