【ライブレポート】上間綾乃、AL発売記念ツアー千秋楽で大喝采

twitterツイート


沖縄出身の女性シンガー上間綾乃が、11月26日に東京・日本橋三井ホールにて<4th album 発売記念ツアー2016~魂うた>を開催した。オフィシャルから届いたレポートをお届けする。

◆上間綾乃 ライブ画像

今公演は7月20日にリリースされた4thアルバム『魂うた』(まぶいうた)のレコ発ツアーであり、名古屋、大阪に続くツアー最終公演だ。ホールは観客で一杯に埋め尽くされ、真っ青なドレスに身を包んだ上間が一人ステージに登場すると、三線を携え沖縄の教訓歌「てぃんさぐぬ花」をウチナーグチで歌い始めた。上間の登場を待ちわびていたファンは、会場に響く上間の美しい歌声、三線の優しく乾いた音に惹き込まれた。



1曲目を歌い終えると、大きな拍手のなか本日のバンドメンバーである園田涼(Pf/Key/鍵盤ハーモニカ)、佐々木貴之(Gt)、桑迫陽一(Perc)が登場。美しいメロディが印象的な子守唄「童神」、「綾蝶」(あやはべる)、フラメンコを思わせる激しい情熱的なナンバー「里よ」が演奏された。

MCでは、東京都心で54年ぶりとなった11月の初雪に触れるひとコマも。南の島生まれの上間にとってはとても寒い一日だったようだが、上間の愛くるしいトークに会場はほっこりとした暖かい雰囲気に包まれた。

「晴れの日があれば雨の日もある、雪の日があれば嵐の日も……今日は晴れたけど明日はどうでしょうね? 晴れるといいなぁ」と語ると、「明日ハ晴レカナ、曇リカナ」がスタート。ギターのポップなサウンドと、ピアニカの明るい音色が響くと、自然と手拍子が会場のいたるところから聴こえ始める。演奏終了と同時にバンドメンバーが舞台を去り、次いで披露したのは、上間が13歳のときに初めてハワイで日系移民に向けて歌った「懐かしき故郷」だ。自分の歌で“故郷”を想い涙を流す人々を目の当たりにし、唄者としての意識が芽生えたという思い出が詰まった楽曲である。三線と歌のみというシンプルなサウンドが、彼女の歌声の魅力を一層際立たせていた。

コンサートが中盤に差し掛かったところで、アルバム『魂うた』のサウンドプロデュースを手がけた井上鑑(Pf/アコーディオン)がゲストとして登場した。上間と井上が共作した「南風にのって」、上間が十代の頃に作詞した「ミカヅキの夜に」などアルバム『魂うた』に収録にされている楽曲を次々と演奏した。「(井上)鑑さんとのステージはいつもエキサイティングでドキドキする」と、井上との共演を心から喜んだ上間。また、同じくアルバムに収録されている「さとうきび畑」では、井上がアコーディオンを演奏した。豊かな音色にここが東京の中心であることを忘れてしまう。









コンサートの後半には、「道端三世相」(みちばたさんじんそう)を披露。エキゾチックなサウンドの「道端三世相」は、一番、二番と曲が進むにつれ徐々に歌詞が長くなっていく変則的な楽曲だ。赤と青のライトに照らされたステージの中で体を揺らしながら力強く歌う上間が印象的だった。

本編の最後に披露されたのは、本人詞曲の「アマレイロ」であった。ハワイの日系移民のたくましく生きる姿に感銘を受けて作った楽曲を、「アマレイロ」(ポルトガル語で“黄色”の意)のライトで照らされたステージの中で、線の細い華奢な上間がしなやかに力強く歌いあげた。観客席では多くの“アマレイロ”のサイリウムが風になびく花のように揺れていた。

本編終了後、鳴り止まない拍手の中、上間が再度ステージに上がる。アンコールでは、井上(Pf)、園田(Key)と共に「太陽 月ぬ光~アメイジング・グレイス」をウチナーグチで歌い上げた。「大切な曲を取っておきました」と最後に披露したのは、上間が東京の母と慕う加藤登紀子詞曲「命結-ぬちゆい」だ。「この歌あなたに合うと思うわ」と加藤に勧められた楽曲を、壮大なスケールのアレンジで披露すると、涙する観客の姿も多く見られた。

鳴り止まない大喝采の中、ツアーは幕を下ろした。









photo by :Tomoko Hidaki

【セットリスト】

1.てぃんさぐぬ花
2.童神
3.綾蝶
4.里よ
5.明日ハ晴レカナ、曇リカナ
6.懐かしき故郷
7.南風にのって
8.鳥の歌
9.ミカヅキの夜に
10.さとうきび畑ウチナーグチver.
11.悲しくてやりきれない
12.道端三世相~創作舞踊「辻山」より
13.ヒヤミカチ節
14.名なしうた
15.アマレイロ
En1.太陽 月ぬ光~アメイジング・グレイス
En2.命結-ぬちゆい

■バンドメンバー
園田涼(Pf/Key/鍵盤ハーモニカ)
佐々木貴之(Gt)
桑迫陽一(Perc)
Guest:井上鑑(Pf/アコーディオン)

4th Album 『魂うた』(まぶいうた)

2016年7月20日発売
COCP-39647 ¥2,800+tax
日本コロムビア

[収録内容]
1.命結-ぬちゆい (作詞・作曲:加藤登紀子)
2.ミカヅキの夜に (作詞:上間綾乃/作曲:大國徹)
3.道端三世相(みちばたさんじんそう)〜創作舞踊「辻山」より (作詞:眞境名(まじきな)由(ゆう)康(こう)/作曲:沖縄民謡)※
4.南風にのって (作詞:上間綾乃/作曲:井上鑑・上間綾乃) ■NHKユアソング6月・7月
5.さとうきび畑 ウチナーグチver. (作詞・作曲:寺島尚彦/沖縄語訳:玉城 弘)※
6.懐かしき故郷(ふるさと) (作詞・作曲:普久原朝喜)※
7.アマレイロ (作詞・作曲:上間綾乃)

※ウチナーグチ

http://columbia.jp/uemaayano/

◆上間綾乃 日本コロムビア サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス