NITRO再結成、ドラムにクリス・アドラーが参加

twitterツイート

マイケル・アンジェロ(G)とジム・ジレット(Vo)が水曜日(11月30日)、ラム・オブ・ゴッドのクリス・アドラーをドラムに迎え、NITROを再結成することを発表した。

◆NITRO画像

彼らは12月にニュー・アルバムのレコーディングを始めるという。ラム・オブ・ゴッド、コーン、メガデスなどの作品で知られるJosh Wilburがプロデュースする。2017年春のリリースを予定しており、その後、世界ツアーを行なうそうだ。

マイケル・アンジェロは「彼らとステージに上がるのが待ちきれない! インスピレーションなんて表現は控えめすぎる」と、ジレットは「俺は、こんなクレイジーなほどに才能あるミュージシャンに囲まれて光栄だ。マイケルとクリスはベストの中のベストだ。ああ、すごくエキサイティングだ。頭が下がる想いだし、ちょっと脅威にさえ感じている。正直言って、俺の頭をかみ切りたいって思っている130キロあるモンスターとリングに上がるほうが怖くない!」とコメント。

またもやバンド掛け持ちとなったアドラーは、「誰が、この世界で最も才能あるミュージシャンたちに俺の番号を教えまくっているのかわからない。でも、これ以上ないほどワクワクしている!」と話している。

NITROの新作は、1991年にリリースしたセカンド『Nitro II: H.W.D.W.S.』以来となる。


Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報