太っ腹のドリー・パートン、山火事被害者を半年間支援

ツイート

故郷、米テネシー州にあるグレート・スモーキー山脈で大規模な火災が発生したことに心を痛めたドリー・パートンが、被害に遭った人々のために基金を設立、半年間“彼らが立ち直るまで”一家族につき毎月1000ドル(約11万5,000円)を支給すると発表した。

◆ドリー・パートン画像

ドリーが育ったテネシー州セビア郡ピジョン・フォージ(グレート・スモーキー山脈)には、彼女のテーマ・パークDollywoodがあり、火の手はそこまで迫った。入園者は避難し難を逃れたが、キャビンや建物の一部が損傷したという。

それ以上の被害に遭った住民たちに同情したドリーとDollywood社は、直ちに新基金My People Fundを設立し、寄付を呼び掛けている。

この大規模な山火事により、少なくとも7人が死亡、45人が病院で治療を受けており、700以上の建物が損傷したと報じられている。ドリーは日曜日(11月27日)、「グレート・スモーキー・マウンテンの恐ろしい火災から目が離せない。心を痛めているわ。火事の被害に遭った全ての家族のために祈っている。みんなを守るため、消防士たちが力を尽くしてくれている」とコメントしていた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報