アクセル・ローズ、メキシコの観客にトランプ次期大統領への怒りをぶつけさせる

twitterツイート

ガンズ・アンド・ローゼズは水曜日(11月30日)、ドナルド・トランプ次期米大統領が「国境に壁を築く」との考えを示しているメキシコで公演を開き、オーディエンスが彼への怒りをぶちまける機会を設けた。

◆ガンズ・アンド・ローゼズ画像

ステージ上にトランプを模った人形(ピニャータ)を登場させると、フロントマンのアクセル・ローズは「何人か(ステージに)上げよう、彼らに棒を渡せ」と話し、オーディエンス数人をステージに上げた。

アクセルは「なんであれ、自分の思うことを表に出して欲しい」と続け、彼らの1人が棒で人形を叩くと「やったな、続けろ」と、けしかけた。

アンチ・トランプのアクセルは最近、トランプが、過去に人種差別的な言動が問題になったジェフ・セッションズを司法長官に指名したことに対し、「善良な人達は、ジェフ・セッションズ上院議員のような人達(の言うこと)を聞かないし、(彼らを)受け入れないし、指名も選びもしない」とツイートしていた。




Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報