<YOSHIKI CLASSICAL SPECIAL WORLD TOUR 第2弾>開催を1週間後に控え、二日間にわたってオーケストラとともにそのリハーサルが行われた。ピアニストYOSHIKIを前面にフィーチュアしながら、ロックフィールあふれるクラシカルサウンドを存分に楽しませてくれることであろう当コンサートだが、果たしてどのような内容になるのだろうか。本人に直撃した話を聞いてみよう。

――ツアーまで1週間を切りました。2日間オーケストラとのリハーサルをやった感想は?

YOSHIKI:(オケを率いた)クラシックのコンサートは、国際フォーラムでやった14年前(2002年12月)以来ですが、だんだんパワーアップしてきている感じで、今まで積み重ねてきたものがどんどん形になってきているように思います。

――オケと一緒のリハーサルはよりイメージが沸きますか?

YOSHIKI:イメージは沸きますね。今回はX JAPANの楽曲もそうですけれど、天皇陛下の奉祝曲やクラシックの曲をピアノコンツェルト形式でやります。

――1小節1小節、アレンジも見直しながらやっていましたね。

YOSHIKI:そうですね。細かく細かくやっていますね。

――以前の取材では公演ごとに内容を変えようかと言われていましたよね?

YOSHIKI:はい。たぶん日本国内のコンサートは何日もあるので内容は変わると思います。

――超多忙ですがピアノの練習は毎日できていますか?


YOSHIKI:ピアノをホテルに入れられる国はいいんですが、(それができない所では)音楽学校の学生たちが練習しているところなどで取材の合間をぬって練習しにいったりしてました。テキサスではコンサート場に行ったり、サンフランシスコも大学に行ったりして。

――今回のコンサートでチャレンジすることは?

YOSHIKI:今回はオペラシンガーも参加するので、その辺は結構チャレンジですね。今までやってない楽曲も何曲かやります。

――X JAPANの楽曲でやっていなかった楽曲ですか?

YOSHIKI:オリジナルです。新作ではなく旧作なんですが、コンサートではやったことがない楽曲ですね。

――2年ぶりのソロツアーということで、楽しみにしていること、ワクワクしていることは?

YOSHIKI:やはりオーケストラと一緒に日本のファンの前で演奏できるのは14年ぶりなので、そこが一番楽しみでワクワクします。

――ツアーの締めくくりとなる来年のニューヨーク公演は、米クラシックの殿堂カーネギーホールです。日本人アーティストが2夜連続で単独コンサートを行うのは初めてであり、極めて異例です。リハーサルをして心境も変わってきましたか?

YOSHIKI:アレンジに関しては、日本公演から始まって今回もどんどん進化していくと思うので、カーネギーに向かって試行錯誤していくと思うんですけど…何かやっぱり実感が沸いてきましたね。

――カーネギー初演が2夜連続というのは、本当にすごいことですね。

YOSHIKI:なんだか緊張してきた(笑)。でも緊張する方がいいですからね。(米音楽の殿堂の)マディソン・スクエア・ガーデンに続いて(2大音楽の殿堂で公演)っていうのはやはりうれしいです。何だか何時もニューヨークではドラマが起こりますね。

――カーネギー公演も2公演の内容を変える予定ですか?

YOSHIKI:そうですね。はい。

――X JAPANでは、NHK紅白歌合戦への2年連続出場が決まり、来年3月にはウェンブリー・アリーナ公演を控えていますね。

YOSHIKI:(紅白出場は)トータルで7回目ですよね。今年もいろいろありました。PATAも復活する事ができて、こうやって紅白に呼んで頂いてっていうのはうれしいです。楽しみですよね。

――昨年はかなりインパクトがあったと評判でしたが、今年はどんなステージになりますか?

YOSHIKI:やはり大暴れ系でいこうと思っています。クラシックやっているからって油断するなよっていう感じです(笑)。


――ウェンブリー・アリーナ公演ですが、米マディソン・スクエア・ガーデンと英ウェンブリー・アリーナ公演を制覇するのは日本人アーティストで初です。意気込みをお願いします。

YOSHIKI:「初めて」が多いですね。今まで思ってきた夢が全部叶っていくので、これがまた新たな何かの始まりであればいいなと思っていますね。

――すでに内容は考えている?

YOSHIKI:そうですね。リリースされているかは分からないですが、今のスケジュールだとアルバムのレコーディングは終わっているはずなので。

――今年3月に予定されていたウェンブリー公演はアルバムのリリースパーティーだったはずよね。アルバムの発売は?

YOSHIKI:二転三転しているんですけど、映画の件と絡んでいる事もありそれによって曲が増えたんですね。映画「We Are X」に入っているテーマ曲は元々収録予定じゃなかったんですけど、録音する事になりました。今日(28日)もこれからレコーディングです。

――映画「We Are X」が、世界中の映画祭に招待されてすごく調子がいいですよね。

YOSHIKI:そうですね。映画祭は20を超えています。

――各国を回られて手応えはどうですか?

YOSHIKI:すごくいいですね。でも時期的に全部重なってしまったので疲れも出てますが。

――アムステルダムの映画祭でも反響は良かったですか?

YOSHIKI:すごく良かったですね。ヨーロッパの人がすごくたくさん来てくれました。

――最後にファンにメッセージをお願いします。

YOSHIKI:X JAPANが解散して終わりだと思っていたのが、再結成できてこうして海外も回れて、次々と夢が叶っていってしまうという、ちょっと自分でも怖いくらい。今回のカーネギーホールもそうですけれど、こうして与えて頂いた第2の人生、本当に皆さんのおかげだなと思っています。一緒にまたいろんな壁を壊して前に進んでいきましょう。

<YOSHIKI CLASSICAL SPECIAL WORLD TOUR 第2弾- YOSHIKI with Orchestra ->

12月5日 大阪城ホール
12月6・7・8日 東京国際フォーラム ホールA
12月29日 中国 香港 Asia World Expo

◆YOSHIKI CLASSICALオフィシャルサイト