喜界島出身の東郷晶子のデビュー曲が、有線リクエストチャートを急上昇している。

◆東郷晶子画像

喜界島は、奄美大島の近くに位置するサンゴから出来た石灰岩で形成された島で、人口は約7000人といわれている小さな島である。東郷晶子(とうごうあきこ)は、その喜界島のライブハウスで活動しているシンガーだ。

2013年に自主制作の形でアルバムを発表し、今回初のシングル「月ノ銀貨」が全国流通の形で12月7日にリリースされる。現在、シングルのタイトル曲をクレイドル・オーケストラの瀬戸智樹がアレンジした「月ノ銀貨 with Cradle」が、有線リクエストランキング(USEN リクエスト J-POP HOT30)で23位まで急上昇している状況なのだ。

「月ノ銀貨」は、水面に移る銀貨の様な夜の月を2人で見つめるといったラブソングで、彼女の伸びやかな歌声と切ない歌詞に思わず耳が惹かれる楽曲だ。iTunesでは3曲入りのデビューシングルが3曲で300円と異例の価格設定となっているが、現在「月の銀貨」の2バース目からのショート・ヴァージョンと、カップリング3曲目「城坂(ぐすくざか)」のショートヴァージョンの2曲が、6日間限定で無料公開されている。下記リンクからフリーダウンロードが可能だ。

リリースに合わせて都内のライブやインストアライブも決定しているので、是非オフィシャルサイトにてご確認を。

月ノ銀貨(Short Version)フリーダウンロード
http://firestorage.jp/download/e91d26b8eec2712b717f63f7dda055c8ff48ee02

城坂(Short Version)フリーダウンロード
http://firestorage.jp/download/96c23912b55f8ba9c2d3357780b1c02af2926d72


デビューシングル「月ノ銀貨」

2016年12月7日(水)発売
ZLCP-0305 価格:\1,000(税抜き)
1.月ノ銀貨
2.月ノ銀貨(with Cradle)
3.城久坂(アコースティック・ヴァージョン)

◆東郷晶子オフィシャルサイト