MACO、ドラマ『東京センチメンタルSP』主題歌を担当「涙が出るほど嬉しい」

ツイート

MACOの「日記」が、2017年1月3日(火)にテレビ東京にて放送されるテレビドラマ『東京センチメンタルSP~千住の恋~』の主題歌に決定した。

◆『東京センチメンタルSP~千住の恋~』画像

『東京センチメンタル』は2014年と2016年に放送された、東京・言問橋の老舗和菓子店『くるりや』の職人・久留里卓三が繰り広げる日常を描いたテレビドラマ。2016年の放送時にはMACOの「恋心」が主題歌として起用されており、MACOにとっては連続で主題歌を担当することとなった。「日記」は9月に発表されたMACOの最新アルバム『love letter』に収録されている。


また2016年10月から12月にかけて実施された全国ツアー<あなたに初めて、手紙を書くよ。love letter Tour 2016>の模様を収録した映像商品が、2017年2月22日にリリースされることもあわせて発表された。こちらには、ライブ本編に加えツアー舞台裏の映像やMACO本人による副音声も収められるとのことだ。

■MACO コメント

今回、東京センチメンタルの主題歌に再び選んで頂き涙が出るほど嬉しかったです。日記の歌詞を書いた時のことは今でも覚えていて、好きな人と二人でいるときに、私だけ置いていかないでよって寂しくなる瞬間があるんです。多分私のほうが好きな気持ち上回ってしまったな、辛いな、って。笑 好きが故のお互いの勘ぐりだったり、勘違いされたりするのもはがゆくて。相手の一言で自分の世界が動いてる時があるし、ああもうバカみたい!ってああいう極端なことを言ってるサビになりました。私は幸せも辛いも、忘れたくないので、それをメモして歌詞になって歌になっていくんですが、その何百ものメモを見た時『これって私の毎日の日記みたい』と思ったこともあり、この曲が出来ました。監督や東京センチメンタルのスタッフの皆様に、東京センチメンタルにピッタリ、と言われたときは本当にこの曲を作ってよかったと思いました。私もこの曲が大好きなので、涙が出るほど嬉しかったです。視聴者の皆様には、日記と共に、東京センチメンタルを心から堪能して頂きたいなと思います。

■プロデューサー・阿部真士氏(テレビ東京編成局ドラマ制作部)コメント

「連ドラの時と同じくMACOさんに主題歌をお願いしたい!という熱いエールに二つ返事で答えていただきました。今回のスペシャルドラマのテーマは【ケンカから始まる恋】です。ケンカというのは、恋人であれ、夫婦であれ、たいていちょっとした“一言”から始まります。また、仲直りには気の利いた“一言”が必要です。その“一言”で好きになったり、嫌いになったり、そう、まさに『日記』の世界観が今回のドラマのテーマにピッタリだったのです。だからどうしてもこの曲を主題歌に使いたかったのです。それが叶い、本当に嬉しかった・・・と私の心の日記に刻まれております。さて、何を隠そう、私は小学校の6年間、欠かさず『日記』を書いておりました。この曲を聴いてから、また『日記』を書きたくなりました。恋に日記はつきものです。ああ、恋がしたい。そんなあなたに贈るドラマをお楽しみに!

『東京センチメンタルSP~千住の恋~』

2017年1月3日(火)夜11時30分~0時55分
放送局:テレビ東京(他未定)
出演:吉田鋼太郎 高畑充希 片桐仁 /福士誠治 鈴木杏(友情出演)/小栗旬
脚本:松本哲也
監督:松本佳奈
プロデューサー:井関勇人(テレビ東京) 阿部真士(テレビ東京) 藤原 努
制作協力:ホリプロ
製作著作:テレビ東京

LIVE Blu-ray/DVD『あなたに初めて、手紙を書くよ。love letter Tour 2016』

2017年2月22日(水)発売
■初回仕様限定:ツアーフォトブック付(24P)
DVD:税抜4,000円 / Blu-ray:税抜4,800円
映像内容:ライブ本編(2016年11月13日 大阪Zepp Namba公演)、ツアードキュメンタリー、MACO本人の副音声入り
■初回仕様限定:ツアーフォトブック付(28P)
DVD:4,000円(税抜) / Blu-ray:税抜4,800円(税抜)
この記事をツイート

この記事の関連情報