2017年2月に開催される第59回グラミー賞で最優秀メタル・パフォーマンスにノミネートされたメガデスのデイヴ・ムステインが、グラミーについて語った。ただでさえ素晴らしかった1年を締めくくる最高のグランド・フィナーレになったという。

◆デイヴ・ムステイン画像

ムステインは、ファンからの「ノミネート、おめでとう」というツイートにこう返信した。「ありがとう。俺らの12回目のノミネートだ。ケニー・Gから、初めて受賞するまで21回ノミネートされたと言われたことがある…。願わくは、今年こそ」

そして、「メガデスにとって素晴らしい一年だった。たくさんの画期的な出来事、たくさんの個人およびグループのアワード、そしていま、またもや候補に挙がるというこの栄誉は、これ以上にない完璧なキャンペーンのグランド・フィナーレだ」とコメントした。

最優秀メタル・パフォーマンスには、メガデス「Dystopia」、Baroness「Shock Me」、Gojira「Silvera」、コーン「Rotting In Vain」、ペリフェリー「The Prince Is Wrong」が候補に挙がっている。

メガデスはこれまで、『Rust In Peace』(1991年)、「Hangar 18」(1992年)、『Countdown To Extinction』(1993年)、「Angry Again」(1994年)、「99 Ways To Die」(1995年)、「Paranoid」(1996年)、「Trust」(1998年)、「Head Crusher」(2010年)、「Sudden Death」(2011年)、「Public Enemy No.1」(2012年)、「Whose Life (Is It Anyways)?」でノミネートされたが、まだ受賞には至っていない。

第59回グラミー賞は2月12日にLAで開かれる。


Ako Suzuki