つるの剛士、未経験から半年で「オリビアを聴きながら」弾き語りできるか?

twitterツイート

つるの剛士が12月9日にヤマハ エレクトーン チャレンジアンバサダーに就任し、株式会社ポニーキャニオンにて就任会見を行なった。

鍵盤楽器の演奏は未経験というつるの剛士だが、今回はエレクトーンの魅力を伝えるため名曲「オリビアを聴きながら」のエレクトーン弾き語りにチャレンジ。この様子を追っていく Web番組が9日(金)を皮切りに、 毎週1本、 約半年間にわたりエレクトーンWebサイト内「つるの剛士のエレクトーンチャレンジ!」で公開される。

チャレンジにあたってはエレクトーンパフォーマーのyaSya(ヤスヤ)がサポートし、 2017年春にはその成果を披露する場も設けられるとのこと。

また、チャレンジの相棒となるエレクトーンは、 2016年12月8日(木)発売の「STAGEA(ステージア) ELC-02」。 メインユニット、 ペダル、 スタンド、 スピーカーに分解が可能で、 軽量・コンパクトなモデルとなっている。 豊富な機能を備えていることから幅広い演奏シーンやニーズにも対応可能だ。

■「つるの剛士のエレクトーンチャレンジ!」


http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/keyboards/el-organs/electone_station/try/?nrd=902161


<ヤマハ エレクトーン「STAGEA ELC-02」>
2016年12月8日(木)発売のヤマハ電子オルガン エレクトーンの最新モデル。 メインユニット、 ペダル、 スタンド、 スピーカーに分解ができ、 軽量・コンパクトな構造で、 様々な場所やシーンで演奏が楽しめます。 高品質な音源による豊富な音色とリズム、 機能を備え多彩な表現が可能です。 また、 オーディオ録音再生機能を搭載し、 演奏の録音や再生のほか、 録音した演奏を、 USBフラッシュメモリーを経由してパソコンや携帯音楽プレーヤーで聴くこともできます。 「趣味で演奏している」「以前楽しんでいたエレクトーンの演奏を再開したい」といった大人の方におすすめのモデルです。

■ヤマハ エレクトーン「STAGEA ELC-02」
http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/keyboards/el-organs/electone/elc-02/?nrd=902161

本件に関するお問合せ先:
株式会社ヤマハミュージックジャパン 楽器営業本部 マーケティング部 エレクトーン課
TEL:03-5488-5443(10:00~17:00、 土・日曜日・祝日・弊社指定休業日を除く)
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス