<hide Birthday Party 2016>総勢18組がhideの生誕を祝福

twitterツイート

12月11日神奈川・CLUB CITTA’にて、hideの生誕を祝うバースデーイベント<hide Birthday Party 2016>が開催された。

X JAPANのギタリストとして、ソロアーティストとして日本の音楽シーンに多大なる影響を与えたhide。1998年に惜しまれつつ空に旅立つも、数々の名曲とメッセージを残したhideの生誕(hideの誕生日は12月13日)を祝い、これからも後世に語り継がれていくことを願うというコンセプトを掲げて2000年から続けて開催されてきた本イベントに、今年も国内外から約1,400人のファンが集まった。

これまでも様々なラインナップが出演してきたこのイベント。今年は先日、千葉・幕張メッセで開催された<VISUAL JAPAN SUMMIT 2016>で約8年ぶりに集結したhide with Spread Beaverのメンバーや、X JAPANのPATAといったhideの盟友たちをはじめ、hideのSPIRITSを継承するアーティスト、初出演となるミュージシャン、DJ、落語家など総勢18組の多彩なラインナップが会場に駆けつけ、hideの生誕をオーディエンスと共に祝福した。

またイベント中、hide with Spread BeaverからI.N.A.、Kiyoshi、DIE、JOEの4人が集まってのトークも行なわれ、<VISUAL JAPAN SUMMIT 2016>での8年ぶりのライブが実現するまでの経緯や、今秋、hide 2nd Tourから20周年を記念して全国で公開された映画『hide 3D LIVE MOVIE “PSYENCE A GO GO” ~20 years from 1996~』にちなみ、1996年当時のhideとのエピソードも飛び出した。

ライブ後半にはSPEED OF LIGHTS、ZEPPET STORE、defspiralが出演し、それぞれhideカバーを含むリスペクトに満ちたステージを展開。さらにラストのhideフィルムライブで「ROCKET DIVE」「ピンク スパイダー」「ever free」というhide with Spread Beaverの代表曲が上映されたあと、突如スクリーンが上がり、ステージには再びdefspiralのメンバーが。歓声の沸くフロアに向けて、TAKA(Vo)は「誕生日を迎えるhideさんにセッションで曲をプレゼントしたいと思います」と伝えると、ステージにゲストプレイヤーとしてPATA(G)、CUTT(Vo / SPEED OF LIGHTS)、木村世治(Vo / ZEPPET STORE)、ryo(Vo / DALLE)の4人と、全出演者が集結。そして最後はセッションで「TELL ME」が披露され、総勢18組のアーティストと約1,400人のオーディエンスによるおよそ7時間半におよぶ生誕祭は大団円となった。

なお1月25日に『hide LIVE MOVIE “PSYENCE A GO GO” ~20 years from 1996~』のDVD/Blu-rayがリリースされる他、3月には劇団TEAM-ODACによる公演『僕らのピンク スパイダー』の上演が決定。また、2016年夏に再始動したhideの夏フェス<hide presents MIX LEMONeD JELLY 2017>が8月5日東京・新木場STUDIO COASTにて開催されることも発表されている。

(C)HEADWAX ORGANIZATION CO ., LTD. photo by Hisao Yamaguchi

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報