【インタビュー】SUGIZO [LUNA SEA]、「HOLY KNIGHT」を語る「特別な曲を作りたいという想い」

twitterツイート

LUNA SEAが自身初のクリスマスソング「HOLY KNIGHT」を12月23日および24日に行われるさいたまスーパーアリーナ公演<LUNA SEA「The Holy Night -Beyond the Limit-」>で会場限定リリースする。この両日はLUNA SEAにとって特別な2日間でもある。12月23日は初の東京ドーム公演<LUNATIC TOKYO>開催日であり、12月24日は終幕から復活を果たした東京ドーム公演開催日だ。「HOLY KNIGHT」は、その大切な日にリリースされる楽曲にして、ライヴ会場限定という販売スタイルにも彼らの想いがうかがえるだろう。

◆LUNA SEA 画像

原曲を手掛けたのはSUGIZOだ。曰く「この曲を歌えるのはRYUICHIしかいない”と思い、15年間ぐらいずっと引っ込め続けていた」という楽曲は神聖にして壮大。5人の個性にSUGIZO指揮によるストリングスが加わり、ダイナミックでロマンティックなクリスマスソングとして完成した。美しくも凶暴なサウンドについてSUGIZOに訊いたロングインタビューをお届けしたい。

   ◆   ◆   ◆

■雪が降るイメージがあって
■冬の曲だというのは明確にあった

──清らかな、それでいてダイナミズムもある、大人のロックバンドLUNA SEAらしい美しいクリスマスソングが生まれましたね。

SUGIZO:ありがとうございます。何か目的がはっきりした楽曲を作りたいね、いずれLUNA SEAとしてのクリスマスソングがあったらいいね、という話を以前からメンバーとはしていました。漠然とではあるものの、そういう“何か特別な曲を作りたい”という想いはメンバーの総意で、結構前からあったのです。

──12月23日はLUNA SEAにとって特別な日であり、その前後、クリスマス時期のライヴでは、アンコールを待つ間に「きよしこの夜」の合唱がファンの方から起きるのも恒例となっています。そう考えると、LUNA SEAだけのクリスマスソングがもっと前からあっても不思議ではないような気もしますが、なぜなかったのでしょうか?

SUGIZO:たしかに、もっと早くにあってもよかった気がします。灯台下暗しでした。クリスマスにライヴをやるたび、「ホワイト・クリスマス」をやったり、ジョン(・レノン)の「ハッピー・クリスマス」をやったりして、これまでずっと上手く繋いできましたよね(笑)。この「HOLY KNIGHT」は、ファンの皆さん、特にSLAVEの皆への感謝の気持ち以外の何ものでもないんですね。だから、実は最初は、SLAVEだけに向けて発売する曲を作りたかったんです。二転三転してちょっと形は変わりましたけれども、一般の方が購入できるのは、12月23日、24日のさいたまスーパーアリーナ2DYASライヴの時だけです。CDの盤として誰もが買えるものにしようということで、グッズ売り場に、そこはかとなく置かせていただいて(笑)。でも、やっぱりSLAVEの皆が僕らには特別なので、SLAVEの皆は配信でいつでも購入できるようにしました。


──そういったSLAVEの皆さんへの想いがこのタイミングで高まった一番の理由は何なのでしょうか?

SUGIZO:SLAVEが来年25周年を迎える、ということも少なからず影響していると思います。あとは、なかなかこれまではタイミングが取れなかった、というのもあるし。<SLAVE限定GIG>というライヴはもう20年以上前から実施していますけども、近年になってようやくSLAVE限定の旅行をし始めたり(2015年、2016年と2度の沖縄旅行を実施)していて、今まで以上にLUNA SEA側とSLAVEの皆との絆が深まり、更に強固なものになっている実感があるんですよね。LUNA SEAの復活をずっと待ち望んでくれていたSLAVEの皆が今の僕らを生かしてくれてる、と常々思っています。あの空白の7年間、よくこれだけ沢山もの人達が残ってくれたな、と。彼ら彼女らが空白の7年間、しっかりLUNA SEAの看板を守っていてくれたからこそ、僕たちはまたここに還ってくることができた……そう認識しているので、やっぱり感謝してもしきれないんですね。それともう一つ、これはいつも言っていることですが、お客様が僕らの雇い主なので。そうじゃないと、僕らは食っていけていないですからね。当然のことながら大きな感謝の念があるし、その中でも特にコアな、身近なSLAVEの皆のためだけに曲を作りたいと思った、というのが「HOLY KNIGHT」の出発点です。

──原曲はSUGIZOさんが手掛けられたとのことですが、RYUICHIさんの仮歌が入った状態で、随分前から存在していたそうですね?

SUGIZO:そうですね。この楽曲は、『A WILL』(8thオリジナルアルバム/2013年12月11日リリース)の制作時期には既にありました。

──その時は、クリスマスの色合いを帯びたものではなかったんですか?

SUGIZO:クリスマスの曲というわけではなかったんですが、自分の中には雪が降るイメージがあって、“冬の曲”だというのは明確にあったんです。『Limit』(19thシングル/2016年6月22日リリース)のカップリング曲候補にもなったんですけど、リリースが夏だったので、僕の中で「この曲は夏じゃない!」ということで、引っ込めました。

──そうだったんですね。たしかに、ストリングスのピチカートや、INORANさんのギターアルペジオは、舞い落ちる雪を想起させます。そういったアレンジのイメージも最初から決まっていたのですか?

SUGIZO:はい。実は、僕の中ではもっと古くから……20年とは言わないまでも、15年ぐらい前から既に原型となるデモが存在していた曲で。当初、ある女性のプロデュースに向けて書いたところ、どうもピンと来なくて、次に別のある男性用の曲として使おう、とトライしたり。様々なところでこの曲の原型を使おうと思っていたんですけど、どれもピンとこなかった。そしてなぜだか分からないけど、“この曲はRYUICHIだ!”と確信したんですよね。もちろん、その時は未だLUNA SEAの復活の“ふ”の字もない、“再始動なんて冗談じゃない”という時期だったんですが。本能的に、“この曲を歌えるのはRYUICHIしかいない”と思い、15年間ぐらいずっと引っ込め続けていたんです。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報