【詳細レポート】<D’ER≠gari feat.DEZERT>ファイナル、「俺らがめちゃくちゃ楽しんでます!」

ツイート

D’ERLANGERとcali≠gariとDEZERTによる東名阪ツアー<D’ER≠gari 2016 feat.DEZERT>が、12月2日に品川ステラボールでファイナルを迎えた。各時代の異端児達が集結したこのツアー、始まる前から何が起こるか予測不能だったが、この三夜を目撃した人達は他のイベントでは見たことのない3バンドの姿を十二分に楽しんだことだろう。

◆<D’ER≠gari 2016 feat. DEZERT> 画像

後輩バンドからの“おじさん”発言も笑顔で受け止め、セッションでは誰よりも楽しんでいるD’ERLANGERや、“差別的な客席”について運営批判したり時折“殺意”を抱いたりしながらも、リスペクトする先輩達の中で上機嫌だったDEZERT、そして大らかにドンと構えるボスと自由奔放な若手に挟まれ、中間管理職的な立ち位置でグサリと若手にクギを刺したり、セッションの進行を成り行き上務めるcali≠gari。どれも面白いほどに予想外だった。

そんな一面をピックアップすると、とても微笑ましい印象を受けるだろうが、このイベントが凄かった理由はそこではない。セッションで見せた笑顔とは裏腹に、どのバンドも“どこよりも自分達が最高である”という、その確固たる自信を隠すことなくそれぞれのステージに昇華していたのだ。“異端が集まった”なんて言葉に隠れていたが、そういえば最狂に好戦的なバンドばかりだった。1ミリも油断できない笑顔の裏のガチンコ勝負が、あの底知れぬパワーと天井知らずの高揚感を生み出していたのだと思う。





トップバッターで登場したのはDEZERT。一曲目は「「擬死」」だ。真っ赤な照明に包まれる中、Miyako(G)のギターイントロが不穏に響く。静から激へと転調するこの曲で会場の空気を掌握すると、その勢いのまま「「変態」」「「排泄物」」と畳み掛ける。「「不透明人間」」では千秋(Vo)がギターを抱えたままステージ下に降り、フロアでパフォーマンスするシーンも。SORA(Dr)、SaZ(B)、Miyakoが高速重音をまき散らす「「殺意」」ではフロア一面がヘッドバンギングの海と化した。

千秋が「「不透明人間」」でかき鳴らしていたギターはお気に入りの物だったようで、「このイベント、今年イチ楽しいです! 絶対アンコールで俺はギターを弾こうと思います」と宣言をしていたものの、「包丁の正しい使い方〜終息編〜」の冒頭でそのギターを放り投げてしまった。曲中でヘッドが折れてしまっていることに気付いた千秋から「ギター壊れた! 割に合わねーよ!」と悲痛な声が。ラストの「「ピクトグラムさん」」では、歌いながら壊れたギターを演奏中のメンバーに見せに行ったり、“壊れてもいい また買えばいい”と歌詞を変えて歌ったりと、ギターが壊れた悲しみを表現する千秋。そんなハプニングや千秋の突発的な行動にも動じることなく、とはいえ無視するわけでもなく、その瞬間瞬間の空気を演奏にフィードバックさせていくDEZERTというバンドがもつ柔軟性と瞬発力にすっかり魅了されていた。




幕がステージを覆った状態で聴こえてきたのは「Under the Pretense」。D’ERLANGERのSEだ。次はD’ERLANGERなの?!と会場がざわつく中、幕の向こうにスタンバイしていたのはcali≠gariだった。再びざわつく会場にcali≠gariが投下したのはD’ERLANGERのカバー「LA VIE EN ROSE」。バンドサウンドで一体感を誘った後、ダンスビートの「コック ア ドゥードゥル」「娑婆乱打」で一気にcali≠gariワールドへ。石井秀仁(Vo)の軽快な身のこなしにつられ、フロアも大きく揺れる。

桜井青(G)が「東京〜!たっだいま〜! デラガリデザート楽しみましょう!」と叫んでから、全バンドファンを巻き込んで“紅麗死異(クレイジー)”コール。そのまま「紅麗死異愛羅武勇」「ギラギラ」とアッパーチューンを炸裂。「淫美まるでカオスな」では4つ打ちビートの上を這う村井研次郎(B)のベースラインが艶やかさを加えた。続く「セックスと嘘」での多幸感の余韻に浸っていると、cali≠gariでは聴き慣れないピアノイントロが流れ始める。ルナマティーノの黒いコートをはおった石井がステージ袖から戻ってくると、披露したのは「I LOVE YOU」。D’ERLANGERが活動休止中にCIPHER(G)とTetsu(Dr)が組んでいたBODYのナンバーだ。意表をついた選曲に大歓声があがり、そのままフロアは大合唱。演奏し終わったメンバーの元にTetsuが駆けつけ握手するシーンも。登場からラストまで終始ざわつかせるcali≠gariらしい粋な展開で会場を沸かせた。





そしていよいよD’ERLANGERの登場だ。一曲目は「NOIR-D’amor」。目が覚めるような爆音にオープニングから圧倒される。続く「Love me to DEATH」では赤い光に包まれたステージでkyoのヴォーカルが妖艶に響く。頭二曲ですっかりD’ERLANGERサウンドに酔いしれているフロアを前にkyoが問い掛けた。

「元気ですか?東京のみなさん。俺の知ってる東京と違うな。少し元気がないね。犯されちゃったんじゃないの? 欲望残ってる?」


それに対し大歓声が返ってくると、ニヤリと笑みを浮かべて「たっぷりみなさんのこと犯していきたいと思います。思う存分に悶えていって!」と盛り上げ、CIPHERの小気味よいギターイントロから始まる狂おしいほど艶美な「柘榴」、キャッチーな「Singe et Insecte」へと続く。そして「友達を呼ぶよ!」とcali≠gari研次郎を呼び込むと、SEELA(B)と入れ替わり、研次郎のベースで「Dance naked, Under the moonlight」を披露。セッション以外での異例なコラボレーションに会場は大いに沸いた。「D’ERLANGER最高!」と研次郎がステージを去った後、TetsuとSEELAのタイトなリズムセッションが印象的なミディアムナンバー「Skelton Queen」をじっくりと聴かせた。

そしてラストを飾ったのは疾走感あふれる「CRAZY4YOU」。サビの大合唱で会場は一体感を増し、高揚感に包まれたままステージを締め括った。貫禄、だけでは言葉が足りない。圧倒的な存在感を見せつけながらも、後輩バンド達の刺激に触発され新たなキラメキを纏っていた、この濃厚な40分を忘れることはないだろう。





アンコールは3バンドによるセッション祭りへ。「ここからはイベントのアンコール。何が飛び出すか分からない。たっぷり楽しんでいってください」とkyoがD’ERLANGERの中に石井を呼び込むと、ツインヴォーカルで「SO…」を披露。これは大阪のセッションで披露したものだったのだが、もう一度聴きたいとスタッフからリクエストがあったという。「INCARNATION OF EROTICISM」はTetsuとCIPHERの代わりをSORAと桜井が務めた。CIPHERから直々にこのリクエストを受けた桜井は、敬意を払って革ジャンを着用。

Tetsuと研次郎が二人でトークを展開した後、SEELA、SaZと各バンドのベーシストが集結。Tetsuのドラムをバックにベースセッションがスタート。技巧派のメンバー達がそれぞれ腕を鳴らしていたところに、ヴォーカリストである千秋がベースを担いで登場。いつの間にか研次郎と千秋とのベースバトルとなり、そのプレイに歓声が挙がった。ステージに残ったままの研次郎、Tetsuに、石井、CIPHERが加わり、爆裂の「マッキーナ」へ。途中桜井がジュリ扇を持って登場する頃には、会場のテンションはMAX状態、ステージもフロアも踊り乱れる。





cali≠gariサポートドラムの中西祐二、SORAがツインドラムに座すると、「俺はその間」と二台のドラムセットの間に座り込み、楽しそうに「クソバカゴミゲロ」と連呼するTetsu。cali≠gariメンバーにkyo、千秋も加わると、グチャグチャになって「クソバカゴミゲロ」を絶叫。途中、石井の背中に千秋が指で何か書き始めた。その時目撃したことを勝手に詠ませてもらうなら、“彼の背に/血糊で書いた/〈好〉の文字”といったところか。書いたもののすぐに消してしまうという少女マンガのような展開に身悶える観客が続出。kyoが「俺らがめちゃくちゃ楽しんでます!」と笑顔を見せると、ラストは全員で「LA VIE EN ROSE」を熱演し、三夜にわたって行われた夢の狂宴は大団円を迎えた。

取材・文◎大窪由香

■<D'ER≠gari 2016 feat.DEZERT>
12月2日@品川ステラボールSETLIST

【DEZERT】
1.「擬死」
2.「変態」
3.「排泄物」
4.「不透明人間」
5.「殺意」
6.チョコレートクリームチェーンソー
7.包丁の正しい使い方~終息編~
8.「ピクトグラムさん。」
【cali≠gari】
SE.Under the Pretense
1.LA VIE EN ROSE (D'ERLANGERカバー)
2.コック ア ドゥードゥル
3.娑婆乱打
4.紅麗死異愛羅武勇
5.ギラギラ
6.淫美まるでカオスな
7.マネキン
8.セックスと嘘
9.I LOVE YOU (BODYカバー)
【D’ERLANGER】
SE.SEX ON THE CARPET
1.NOIR - D'amour
2.Love me to DEATH
3.柘榴
4.Singe et Insecte
5.Dance naked,
 Under the moonlight. feat.村井研次郎(B)
6.Skelton Queen
7.CRAZY4YOU
encore【D'ER≠gari feat.DEZERT】
1.SO… [D'ERLANGER feat.石井秀仁(Vo)]
2.INCARNATION OF EROTICISM [kyo(Vo),桜井青(G),SEELA(B),SORA(Dr)]
3.BASS BATTLE [SEELA(B),村井研次郎(B),SaZ(B),千秋,Tetsu(Dr)]
4.マッキーナ [石井秀仁(Vo),CIPHER(G),村井研次郎(B),Tetsu(Dr),桜井青]
5.クソバカゴミゲロ [kyo(Vo),石井秀仁(Vo),千秋(Vo),桜井青(G),村井研次郎(B),中西祐二(Dr),SORA(Dr),Tetsu(Cho)]
6.LA VIE EN ROSE [D'ER≠gari feat. DEZERT]


■『<D’ER≠gari 2016 feat.DEZERT>公演グッズ』期間限定通販決定

▼受注期間:12/15(木) 17:00~12/28(水) 23:59
▼発送時期:2017年1月下旬頃発送予定
※ライヴ会場での完売商品も受注生産にて承ります
※購入は桜井商店通販サイトへ
https://sakurai-shouten.starry-cloud.net

■D'ERLANGERライブ情報

<D’ERLANGER REUNION 10TH ANNIVERSARY Kick Off LIVE>
2017年4月22日(土) 豊洲PIT
open17:00 start18:00
▼チケット
前売:¥7,000- 当日:¥7,500-(税込・スタンディング・ドリンク代別・GOODS付)
前売:¥9,000- 当日:¥9,500-(税込・全席指定・ドリンク代別・GOODS付)
※未就学児童入場不可/小学生は要保護者同伴・有料
(問)HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999
【KIDS BLUE先行】
12/24(土)TSUTAYA O-EAST<KIDS BLUE STANDING SPECIAL 2016>会場先行販売
※ライブ終演後より販売
※会員お1人様につき4枚まで
※公演当日、KIDS BLUE会員証を必ずご持参下さい。
【チケットデリ抽選受付】
受付期間:12/26(月)12:00~2017/1/6(金)16:00
結果確認・入金期間:1/11(水)12:00~1/16(月)23:59
【オフィシャルサイト先行(先着受付)】
受付期間:2017/1/21(土)12:00~1/29(日)23:00
【チケット一般発売日】
2017年2月25日(土)

■<D’ERLANGER 2017 2DAYS TOUR>
2017年5月06日(土) 岡山IMAGE
2017年5月07日(日) 岡山IMAGE
(問)夢番地岡山 086-231-3531
2017年5月13日(土) 福岡DRUM Be-1
2017年5月14日(日) 福岡DRUM Be-1
(問)GreeN Music 092-714-0230
2017年5月20日(土) 金沢EIGHT HALL
2017年5月21日(日) 金沢EIGHT HALL
(問)FOB金沢 076-232-2424
2017年5月27日(土) 梅田クラブクアトロ
2017年5月28日(日) 梅田クラブクアトロ
(問)キョードーインフォメーション 0570-200-888
2017年6月03日(土) 長野CLUB JUNK BOX
2017年6月04日(日) 長野CLUB JUNK BOX
(問)FOB新潟 25-229-5000
2017年6月10日(土) 仙台darwin
2017年6月11日(日) 仙台darwin
(問)ニュース・プロモーション 022-266-7555
2017年6月17日(土) 名古屋クラブクアトロ
2017年6月18日(日) 名古屋クラブクアトロ
(問)サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
2017年6月24日(土) 札幌cube garden
2017年6月25日(日) 札幌cube garden
(問)WESS 011-614-9999
2017年6月30日(金) TSUTAYA O-EAST
2017年7月01日(土) TSUTAYA O-EAST
(問)HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999
※チケット発売・時間等、詳細は後日発表

■cali≠gariライヴDVD『第7期終了』

【狂信盤:通販サイト/ライヴ会場限定盤】MSNA-102
DVD 2枚(第7期終了本編、トコママン本編)
データCD 1枚(第7期終了音声、トコママン音声)
特殊パッケージ仕様
80ページ写真集
http://release-order.sakurai-shouten.tokyo/index.php
【良心盤:一般流通盤】MSNB-102 ¥5,000(税別)
DVD 1枚(第7期終了本編)
トールケース仕様
【傷心盤:一般流通盤】MSNC-102¥8,000(税別)
DVD 2枚(第7期終了本編、トコママン本編)
トールケース仕様
※良心盤/傷心盤:全国インディーズ取扱店にて発売中
※取扱店舗:タワーレコード、little HEARTS.、新星堂、音楽処 etc

■DEZERTライブ情報

<「くるくるまわる-2016-」~福岡編~>
2016.12.23 [Fri] 福岡DRUM Be-1 【ONEMAN LIVE】
開場 17:00/ 開演 17:30
前売¥4,000- 税込・オールスタンディング
※入場時ドリンク代別途必要

<「くるくるまわる-2016-」>
2016.12.26 [Mon] 渋谷CLUB QUATTRO 【ONEMAN LIVE】
開場 18:15/ 開演 19:00
前売¥4,000- 税込・オールスタンディング
※入場時ドリンク代別途必要

<DEZERT PRESENTS 【This Is The "FACT"】>
2017.01.29 [Sun] 新木場STUDIO COAST 【DEZERT主催LIVE】
▼出演
DEZERT、A9、アルルカン、LM.C、MUCC、NOCTURNAL BLOODLUST
開場 14:00 / 開演 15:00
前売¥6,000(1F/オールスタンディング) 税込 ※入場時ドリンク代別途必要
前売¥6,500(2F/指定席)税込 ※入場時ドリンク代別途必要

◆<D’ER≠gari 2016 feat. DEZERT>BARKS特集ページへ
◆D'ER≠gari2016 オフィシャルTwitter
◆D'ERLANGER オフィシャルサイト
◆cali≠gari オフィシャルサイト
◆DEZERTオフィシャルサイト
◆BARKS×TICKET DELI オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報