西内まりや&flumpool山村隆太、初の月9で結婚めぐりバトル

twitterツイート

西内まりやが、2017年1月23日に放送開始となるフジテレビ月9ドラマ『突然ですが、明日(あした)結婚します』で主演を務めることが明らかになっている。相手役にはflumpoolの山村隆太が決定した。

◆西内まりや&山村隆太 画像

宮園いづみの同名コミックを原作とする『突然ですが、明日結婚します』は、西内演じる“専業主婦になりたい”20代OL・高梨あすかと山村演じる“絶対に結婚したくない”アナウンサー・名波竜の恋愛模様と結婚をめぐる“価値観バトル”を描いたラブストーリーだ。

今回が月9ドラマ初出演・初主演となる西内まりや、そして本作で俳優デビューを果たすことになる山村隆太は、それぞれ次のように意気込みを語っている。

   ◆   ◆   ◆

■西内まりや コメント
Q.現在の心境は?
「皆様にご報告です。私、西内まりやは『突然ですが、明日結婚します!』…というタイトルのドラマで主演を務めさせていただくことになりました。
 作品は、様々な世代の結婚感や、男女の結婚感の違いが面白いラブストーリーです。私自身結婚はまだ先だと思っていますが、主人公のあすかと同じように母を見て育ったので、母が憧れであり、家庭を守り、あたたかい家庭を作りたいと感じています。胸キュンシーンや、コミカルなシーンもお楽しみに。共演の山村さんは、以前音楽番組でご一緒させていただいて以来なので、共演をとても楽しみにしています」

Q.「月9」初出演にして初主演を務めるにあたって
「月曜よる9時という枠、“月9”という響きは、小さい頃から特別感があり、一つの目標でもありました。やるからには自分にできることをしたい、いい作品を作りたい、全力で向き合いたいと思います。皆様にはあすかを通してパワーや元気を届けたいと思います!」

■山村隆太 コメント
Q.連続ドラマ初出演に関して―
「普段の活動の表現の幅を広げたいと思い、演技には以前より興味がありました。ミュージシャンは自分の人生の中で自分の歌を歌うのが仕事ですけど、人は誰しも他の人生を歩みたいという願望がある中で、役者はまったく違う人生を生きることができ、他の価値観を知ることができると思っています。今回は音楽もやられている西内さんとの共演で、役者に求めている演技とは異なる、ミュージシャンだからこそ出来る表現に挑戦しながら、自信を持ってやり遂げたいと思います。“月9”はまさに“ドラマの武道館”。そのような舞台に初めて立たせていただけるということですごく緊張しますけど、自分自身でしっかり演じきりたいなと思っています」

Q.(初ドラマがラブストーリーです)相手の西内まりやさんについての印象―
「僕が音楽番組ではじめて西内さんの歌声を聴かせてもらったときの印象は、実直で真面目で芯が通っていて努力家という印象で、今回、西内さんの名前を聞いた時には、あすかにぴったりだと思いました。西内さんは音楽もやられているので、歌声で表現しているもの同士が芝居をできることも純粋にうれしかったです」

Q.最後にメッセージ
「僕は結婚していますし、演じる名波竜とは違って、結婚を肯定しています。
男女の価値観の擦れ違いも望むところまで模索していくものが結婚だと思っています。
また、つらい時に守ってくれる人がいることの大切さ、家にいてくれる家族の象徴は大事だと思っています。けれど、男性の目線として、女性を守らなければならないというプレッシャーがあるのも理解できます。
 専業主婦ということに対しても、働いてる女性の方が頑張ってると見られがちで、自身の両親も共に働いていましたが、働く母親にかっこいいと思い、キラキラしてると思っていた反面、家に帰った時に誰もいない寂しさ、話し相手がいない寂しさがあったため何とも言えない思いもあります。
 このドラマでもそんな結婚の様々な価値観が男と女の間で交錯したり、擦れ違ったり結婚に対する価値観のバトルを重ねて二人の愛が大成していく様子を見ていただきつつ、このドラマを通して皆さんも結婚に対する新たな価値観を一緒に模索してくだされば、楽しんでいただけると思います」

   ◆   ◆   ◆

『突然ですが、明日結婚します』

2017年1月23日スタート
毎週(月)夜9時~9時54分放送(初回15分拡大)
出演者:西内まりや 山村隆太

【スタッフ】
原作:「突然ですが、明日結婚します」宮園いづみ/小学館(「プチコミック」連載中)
脚本:山室有紀子 映画「眉山-びざん-」 他
倉光泰子『ラヴソング』 他

プロデュース:後藤博幸 『CHANGE』、『5→9~~私に恋したお坊さん~』 他
       大木綾子 『主に泣いてます』、『ナオミとカナコ』他
演出:並木道子 『最高の離婚』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』 他
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報