シンフォニックメタルバンドLIV MOONが、リリースされたばかりのアルバム『R.E.D』を引っさげ、12月11日に原宿アストロホールにてワンマンライヴ<R.E.D Evolution>を行なった。紅一点ヴォーカル、AKANE LIVも、ライヴ前から「攻めのライブをやりたい」と意気込んでいたが、その言葉通りのライヴハウスらしいアグレッシヴで熱いステージとなった。

◆LIVE MOON@アストロホール~画像~

場内の明かりが消え、アルバム『R.E.D』でもオープニングを飾る「LOST PARADISE」のイントロがSEとして流れる。それに合わせてメンバーが現れ、定位置に着く。AKANE LIVのハイトーンの美声を合図に、バンドマスターであり、キーボード&クロマチックハーモニカを担当する西脇辰弥が鍵盤を鳴らす。そこにギター、ベース、ドラムが激流のように折り重なり重厚なサウンドが会場の壁を揺らした。


ステージに登場したAKANE LIVは、セクシーなヘソ出しベスト&パンツスタイル。全身黒をまとった中で、ブレスレットの赤がアクセントとして効いている。この日を前にショートにした髪型が、彼女の顔の小ささを強調して、スタイルの良さをより際立たせている。ステージ中央に現れた時のカリスマ性が絶大だ。彼女の登場で場内はより活気づいた。「LOST PARADISE」の聴きどころのひとつでもある、低音と高音の声を自在に操り、一人芝居のように「魑魅魍魎」の世界観を歌い上げる。4オクターヴもの声域を持ち、ミュージカルなど舞台女優としても活躍する彼女だからこそ歌い上げることができるナンバーだ。オープニングからいきなり濃い楽曲で攻め立てる。


続いてはデビューアルバム『DOUBLE MOON』に収録された「月架」、3rdアルバム『Symphonic Moon』に収録の「Black Serenade」と、懐かしのナンバーが披露される。ここまでの3曲、息つく間もないハードな楽曲が続いて緊張感もいっぱいだったが、MCでは、素のままの気さくなAKANE LIVが顔を出す。

「今日は寒いのに最初から熱気がすごいね! ステージの衣装間違えたかなと思ったんだけど、みんなのパワーですでにステージが温まっていて(笑)」

こんな言葉に場内が一気に和んだ。しかし、ここから先は、また怒涛のように攻める。


「今日はニューアルバム『R.E.D』の曲を中心にお届けするんですけど、特にLIV MOONの中でも攻めたナンバーをセットリストとして組んでいるので、私も最後までガンガン行くのでみんなもついてきてね!」という言葉をきっかけに、「ICARUS」「PANDORA」「CRIMSON ROSE」と、ニューアルバム『R.E.D』の世界が目の前に広がる。物語を見ているようにシアトリカルでありながら、ライヴバンド然とした迫力もあり、LIV MOONだけが持っている独特の世界観が垣間見える曲順だ。

中盤、さらに見せ場が続く。西脇辰弥のクロマチックハーモニカがノスタルジックな音色を奏で、「EYES OF MARIONETTE」がはじまる。アルバム『R.E.D』の中でも、もっともシアトリカルな1曲だ。ステージが一瞬で、この曲の舞台となっている廃墟のイメージに包まれる。AKANE LIVは壊れた人形になりきって、声色も変化する。今までとはまったく違う表情で虚空を見つめたり、仕草のひとつひとつがまるでミュージカルの1つのシークエンスを見ているような気分にさせる。


こんな『R.E.D』ゾーンの余韻に浸る間もないまま、ライヴは後半戦。間髪入れずに、バッハの小フーガ・ト単調がイントロのモチーフとなった「SAY GOODBYE」がスタートする。それまでのシアトリカルな雰囲気から一転、今度は力強いライヴバンド然とした展開に。それまでも一体感のあったオーディエンスが、より一丸となりヒートアップしていく。「ドラクロアの女神」「Black Fairy」と、疾走感溢れる楽曲が続き、KENTAROのイントロのギターソロも印象的だった「BLACK RUBY」。クワイヤーとクラシカルな旋律が絡み合い、これぞシンフォニックメタルという「Kiss me Kill me」へと続く。

ここまではゴリゴリとしたサウンドや緊張感のあるバンドの掛け合いに圧倒されっぱなしだったが「溺れる人魚」で、フッと場内の空気がリラックス。アコースティックで優しいメロディに聴き惚れる。


そして、ここでようやくMCへ。なんと、10曲連続で演奏していたメンバーたちは滝の汗。AKANE LIVも「歌うのも大変なんだけど、演奏するのも大変」と言っていたが、聴いていたこちらはあっという間の10曲だった。普通、人の集中力は15分ごとに途切れるというが、10曲の中に起承転結のドラマがあるので、飽きることもなく物語にのめり込むような感覚もあった。「攻めるライヴ」というのは、こういうことだったのかと納得。さらに衝撃的なことに、次の2曲でライヴの本編が終わってしまうという。会場からも「えぇ~!」というため息が漏れた。本編のラストを飾ったのは、聴き終わったあとに光が見えてくるような「アマラントスの翼」「GLORIA GLORY」。いいライヴは、いつもあっという間に時が過ぎてしまう。

アンコールには、毎回趣向を凝らしたインストを持ってくることが多いLIV MOONだが、今回はなんと、ゴジラのあの曲をメタルバージョンで。そして、「零の天使」、「みんなで歌う曲」といえばもうお馴染みの「The Last Savior」。「Savior's coming」の声がアストロホールに響き渡った。


今年遂げた進化を糧に来年もさらに飛躍することをうかがわせるライヴだった。また新たな物語を引き連れて、熱いライヴを見せてほしい。

取材・文●大橋美貴子
撮影●Kazuya Miyake

AKANE LIV(Vo)
西脇辰弥(Key,クロマチックハーモニカ)
KENTARO(G)
MASAKI(B)
前田遊野(Dr)

<R.E.D Evolution セットリスト>

1.LOST PARADISE
2.月架
3.Black Serenade
MC
4.ICARUS
5.PANDORA
6.CRIMSON ROSE
7.EYES OF MARIONETTE
8.SAY GOODBYE
9.ドラクロアの女神
10.Black Fairy
11.BLACK RUBY
12.Kiss me Kill me
13.溺れる人魚
MC
14.アマラントスの翼
15.GLORIA GLORY
ENCORE
1.Gozilla Metal
2.零の天使
3.The Last Savior

リリース情報

ミニアルバム『R.E.D』
2016年11月9日(水)
VMAN-12 \1,852(税抜)¥2,000(税込)
M-1 LOST PARADISE
M-2 ICARUS
M-3 PANDORA
M-4 EYES OF MARIONETTE
M-5 CRIMSON ROSE
M-6 GLORIA GLORY