椎名林檎、今夜スマスマで初披露の「青春の瞬き」などサブスク配信スタート

twitterツイート


本日12月19日より、椎名林檎による「青春の瞬き」「ジユーダム」のサブスクリプション型(定額制)配信サービスがスタートした。

「青春の瞬き」は、椎名が栗山千明へ書き下ろした楽曲で、東京事変のメンバーが演奏を担当し2011年リリースの栗山のシングルに収録された。その後、2012年東京事変の解散ライブでも披露され、2014年にはセルフカバーアルバム椎名林檎『逆輸入 ~港湾局~』に収録。こちらはデビュー15周年の企画作品としてリリースされ、冨田恵一がアレンジを手掛けた。節目を彩ってきたこの曲に特別な想いを寄せるリスナーも多い。

一方「ジユーダム」は、NHK総合テレビの人気長寿番組『ガッテン!』のテーマ曲として書き下ろされ、同Remix ver.「ジユーダム ヒャダインのリリリリ☆リミックス」と共に好評を博している。

そして椎名林檎は、今夜放送のフジテレビ系『SMAP×SMAP』(※22時~23時24分までの30分拡大放送)に、遂に初出演する。歌コラボ・コーナー「S・LIVE」にて、前述の「青春の瞬き」をSMAPと初共演&TV初披露。椎名の歌声とSMAPの歌とダンスによる唯一無二のライブが実現するのだ。ステージにすっと立つ和装の椎名林檎を中心にSMAPがフォーメーションを描く。慈しむように歌う彼らの姿はあまりに美しく、固唾を呑む──というのだから見逃せない。実際のオンエアを楽しみにしたい。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報