ワンス・ヒューマンが、日本デビュー作となる2作目『エヴォリューション』を2月17日にリリースする。

◆ワンス・ヒューマン画像



米国ロサンゼルス出身のワンス・ヒューマンは、元マシーン・ヘッド/ソウルフライのローガン・メイダーが率いるハイブリッド・エクストリーム・メタル・バンドだ。長らくプロデューサー/エンジニアをしていた彼が、才気溢れる女性シンガーのローレン・ハートを擁してバンドを始動させたもので、2015年の1作目『ザ・ライフ・アイ・リメンバー』のリリースと、これに続くアメリカ/ヨーロッパ・ツアーで、グルーヴ・メタルやインダストリアル・メタル、メロディック・デス・メタルなど複数のスタイルをモダンに掛け合わせた独自の音楽性を広くアピールしてみせた。


本作は、“進化”を意味するアルバム・タイトルに示されているとおり、2年前の1作目とは違うさらに進化した姿を明らかにしている。バンド編成がトリプル・ギター編成の6人組に“進化”することで、よりアグレッシヴに、よりメランコリックに、よりドラマティックになった充実の楽曲群となっている。

Photo by Richard Marz


ワンス・ヒューマン『エヴォリューション』

2017年2月17日発売予定
【CD】¥2,300+税
※日本語解封入/歌詞対訳付き
1.フロック・オブ・フレッシュ
2.アイ・オブ・ケイオス
3.マス・マーダー・フレンジー
4.グラヴィティ
5.ダーク・マター
6.パラゴン
7.ドレイン
8.キラーズ・フォー・ザ・キュア
9.パッセンジャー

【メンバー】
ローレン・ハート(ヴォーカル)
ローガン・メイダー(ギター)
マックス・カロン(ギター)
スカイラー・ハウレン(ギター)
ダミアン・レイノー(ベース)
ディロン・トロロープ(ドラムス)

◆ワンス・ヒューマン『エヴォリューション』オフィシャルサイト