キング・クリムゾン、日本公式サイトがリニューアル! 3万字で綴られた半世紀に渡る年表バイオグラフィーに注目

ツイート

キング・クリムゾンの日本公式サイトがリニューアルされ、コンテンツの追加やグッズのニューアイテム販売がスタートした。

◆キング・クリムゾン~画像~

今回のリニューアルで最も注目すべきコンテンツは「バイオグラフィー」だ。1969年のキング・クリムゾン結成時はもちろん、更に遡ったロバート・フリップがバンドを始めた1960年からスタートし、バンドが度々の衝突、解散、和解、再結成を繰り返して現在に至るまでの嵐の半世紀の活動を約3万字ものボリュームで綴った巨大年表となっている。気になるワードにはより深く掘り下げたコラムがついていたりと、ファンには嬉しい要素が盛沢山。キング・クリムゾンの濃厚な歴史をぜひ年表で辿ってみて欲しい。

また、今年2016年に行ったヨーロッパツアーTシャツとパンフレットが、本サイトにて数量限定で販売スタート。2016年ヨーロッパツアーはイングランド、アイルスバリーからスタートした全42公演。2014、15年のツアーでドラム・トリオの一角を担当していたビル・リーフリンが休養中のためノエル・ギャラガーのバンド等に在籍していたジェレミー・ステイシーが新たに参加。1972年以来演奏されたことのなかったアルバム『リザード』からのナンバーも演奏されるようになった今回のツアーは、12月4日にパリでの最終公演を迎え大盛況に終わった。


Tシャツは今年8月に発売した「ラディカル・アクション」のパッケージデザインを彷彿させるポップで独創的なデザインにヨーロッパツアー全公演名が印字された限定Tシャツ。パンフは英語表記の全28Pとなっている。数量限定商品となっているので、早めにチェックして欲しい。

コレクターズクラブ 8タイトル

●コレクターズクラブ 8タイトル 2017.01.25発売決定
1981年クリムゾン日本初上陸のライブ音源を世界初CD化
・「1981年12月09日 東京 渋谷公会堂」IECP-30016 \3,241+税
・「1981年12月10日 名古屋 名古屋市公会堂」IECP-30017 \3,241+税
・「1981年12月12日 大阪 大阪万博ホール」IECP-30018 \2,315+税
・「1981年12月13日 大阪 大阪毎日ホール」IECP-30019 \2,315+税
・「1981年12月14日 東京 浅草国際劇場」IECP-30020 \2,315+税
・「1981年12月15日 東京 浅草国際劇場」IECP-30021 \2,315+税
・「1981年12月16日 東京 浅草国際劇場」IECP-30022 \2,315+税
・「1981年12月18日 東京 浅草国際劇場」IECP-30023 \3,241+税


この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス