【ライヴレポート】LUNA SEA、さいたまスーパーアリーナ2DAYS初日「全部熱いんだよね、LUNA SEAって」

twitterツイート

LUNA SEAが記念すべき12月23日にさいたまスーパーアリーナにて<LUNA SEA「The Holy Night -Beyond the Limit-」>の初日公演を開催した。

◆LUNA SEA 画像

12月23日はLUNA SEAのヒストリーと切っても切り離せない日にちだ。1995年の初の東京ドーム公演、1996年の真冬の横浜スタジアム、復活してからの東京ドーム3デイズなど忘れない夜を彼らは幾度もSLAVE(ファン)と共に過ごしてきた。


開演は約20分押し。オーディエンスの手拍子と声援が時間がたつにつれて大きくなっていく中、暗転し、聖歌がおごそかに流れると大歓声。両脇のスクリーンにステンドグラスが映し出され、5人がステージに揃うと、さいたまスーパーアリーナが聖堂に見えるような仕掛けに場内はいっそう沸いた。

RYUICHIが掲げた左手に呼応するようにオーディエンスも手を挙げ、オープニングはRYUICHIの歌で始まるLUNA SEAの中でもスタンダードなメロディの楽曲(オールデイズのエッセンスが取り入れられている)「WITH LOVE」だ。LUNA SEAの聖なる夜にふさわしい幕開け。

続いて奏でられたのはセンターに立ったINORANの鋭利なカッティングに歓声があがる特攻アリの「TONIGHT」。Jが上手にSUGIZOが下手にスロープを駆け抜け、SLAVEたちの歌う声が響きわたった。


「待たせたなオマエら! 久々のLUNA SEA、メンバーも今、喜んでるんですよ。23日というLUNA SEAの記念日に、さいたまスーパーアリーナをどこよりも熱い場所に変えたいと思います! 今日はケガをしないよう。ケガをしなきゃ何だってやっていいってことじゃない!?」──RYUICHI

RYUICHIが煽り、曲名を告げると歓声が上がり、今年、リリースされた最新シングル「LIMIT」が披露された。<VISUAL JAPAN SUMMIT>に出演したとは言え、2016年はワンマンを開催していないので、この曲を生で聴くのは初めてだ。LUNA SEAらしさが散りばめられつつも間奏のアプローチが斬新で、新曲から往年のヒットシングル「DESIRE」「TRUE BLUE」へと移行する流れにも意表を突かれた。

「俺たちもあと2年で結成30年。メンバーとリハーサルをして、久々にいろいろな思い出をさかのぼってたら、俺たちっていつのまにかアルバムも増えたし、いつのまにか伝えたいことがこんなに溢れちゃったバンドになったんだねって」とRYUICHIが告げ、23日と24日がLUNA SEAにとって大切な日だと触れると場内から力強い拍手と歓声が鳴り止まず、驚いて「拍手が止まらない〜!」と叫ぶ場面も飛び出した。



そしてSUGIZOが客席を指差してから手を高く掲げ、太いギターリフでテンションをグッと引き上げた「Sweetest Coma Again」はうねるベースが絡みあい、復活してからのLUNA SEAならではのグルーヴが最強だ。RYUICHIが色気のあるヴォーカルで魅了し、センターに移動したJのベースソロに怒涛の歓声が上がる。エンディングの真矢のドラミングもすさまじくパワフルで、この曲のアクトに1人1人がアーティストとして自立した上で復活したLUNA SEAの特殊性を見たような気がした。

通常のLUNA SEAワンマンは、中盤でダークでレアな曲を演奏し、グッと深い世界に引き込むことが多いが、23日はSUGIZOの浮遊感あふれるギターのフレーズとINORANのアコギが重要な役割を果たす「IN SILENCE」が披露され、SUGIZOがヴァイオリンを奏で、RYUICHIがギターを弾きながら歌った「Limit」のカップリング曲「I’ll Stay With You」、繊細で緻密なバンドアンサンブルが心地良い「gravity」へと移行する流れ。LUNA SEAが紡いできた豊かで美しいメロディ、スケール感のあるサウンドが際立つセットリストとなっていた。

内に渦巻く激しさを放出するような圧倒的な真矢のドラムソロでは盛大な真矢コールに「今までの人生の中でいちばん最高のイブイブにしようぜ!」と笑顔を見せ、ファイヤーボールが上がる演出の後に登場したのはJだ。ソリッドでクールなベースフレーズに盛り上がりまくる場内を「もっと!」と煽り、リズム隊の強靭さ、強烈さに圧倒されつつ、全員が揃い、Jのカウントで奏でられたのは客席に白い光が注いだ開放感たっぷりの「Be Awake」だった。



RYUICHIが「ホントにみんな最高だ〜!」と叫び“5人から心を込めて”と贈られたのはこれも聖なる夜にふさわしい切なく美しいメロディが秀逸な「I for you」。

「今回、メニューを決めるに当たって昔の曲とか現在の曲が候補に上がって、ひとつ変わらないものがあるなと。さっきのドラムソロもベースソロもそうだし、全部熱いんだよね。LUNA SEAってね。でも、その熱はみんなとキャッチボールして大きくなっていったものだからね。ありがとう」──RYUICHI

場内からも「ありがとう!」という声が多数上がり、「大丈夫、大丈夫。今夜、解散するわけじゃないから」とジョークを飛ばし、「飛ばして行こうか!」と叫んで、ライヴは終盤戦へと。奏でられたのは「SHINE」で、INORANとJ、SUGIZOとJがひとつのマイクでコーラスする場面を見ていると、結成30周年を目前にしたバンドが積み重ねてきた日々に想いを馳せずにはいられない。4人がセンターに集結する「PRECIOUS」、「IN MY DREAM」ではシンガロングが響きわたり、本編ラストナンバーはLUNA SEAのキラーチューン中のキラーチューン「ROSIER」。

23日のLUNA SEAのセットリスト、演奏には幾度も迎えた12月23日をいかに彼らが大切にしているか、いかにみんなと共に過ごす時間を慈しんでいるかが感じられれた。こんなに光の度合いが強い楽曲でライヴを構成したことは記憶する限り、なかったように思う。


オーディエンスが歌う「きよしこの夜」が特別な夜を演出する中(青いボンボンを振っているSLAVEも多数)、メンバーがその声に耳を傾けるようにステージに登場。

「メリークリスマス! 「HOLY KNIGHT」、今日、CDが売り切れそうみたいです。やばい。明日の分がないかも! たくさんの想いがあるんですけど、俺たちの聖地はライヴであり、ステージであり、ライヴ会場であり、この聖地を守る5人の騎士というイメージで今回の新曲を作りました。みんなに届けます」──RYUICHI

雪が舞い落ちる中、LUNA SEA初のオリジナルクリスマスソング「HOLY KNIGHT」が奏でられた。RYUICHIの歌唱力が映える清らかな旋律、包容力を感じさせるバンドアンサンブルが素晴らしいこの曲はSLAVEのために彼らが心を込めて制作したもので、ライヴ会場でのみCDが限定販売され、オフィシャルファンクラブ“SLAVE”の会員にだけ限定配信されたナンバーだ。

メンバー紹介ではINORANがニルヴァーナのフレーズを弾き、大歓声。「今日、誰もしゃべってないね」とRYUICHIが言うと何とINORANが「じゃあ、俺、しゃべるよ」と場内を驚かせた。「スーパーアリーナ、元気ですか?」と叫び、続いてSUGIZOが「みんな、LUNA SEAのSUGIZOです。明日もLUNA SEAのSUGIZOです! 最高に愛してます!」とここがホームであることを改めて提示して沸かせ、「Jもお願いします」と振られたJは「気持ちいいね。もっと行こうか?」と若干、照れ気味。最後に「先生、お願いします」と頼まれ、ドラム台から降りてきた真矢は「今日、あらためて奇跡って何なんだろうなって考えて、奇跡ってここで起こるんじゃなくて、みんなが支度して家から来てここに集まったことが奇跡なんだと思いました」と伝え、リクエストに応えるようにマイクスタンドを蹴り、「I LOVE YOU」「OK!」のコール&レスポンス。その盛り上がりに真矢特製のマイクスタンドを用意しようかという提案までなされたのだった。

そして、RYUICHIからの告知が場内をザワつかせた。

「俺たちの記念日ってもう1日あるじゃない? 鬼が笑うかもしれないけど、来年の5月29日、日本武道館が決定しました! またみんなの前で想いを温めて届けるから、頑張ってチケット、ゲットしてください。たぶん、一瞬 (で売り切れ) だと思うから」──RYUICHI


LUNA SEA結成記念日 (町田PLAYHOUSEに初めて現在の5人で立った日 に2017年もステージに立ってくれること、そして、それが日本武道館であることに場内がエキサイトしたことは言うまでもなく、オリジナルのクリスマスソングが発表されたにも関わらず、昔からLUNA SEAが12月23日、24日に披露してきたカヴァー「WHITE CHRISTMAS」を披露 (セットリストには記載されていなかった) したこともSLAVEを喜ばせた。

ここからのアッパーチューン「Dejavu」、LUNA SEAとSLAVEを繋いできた「WISH」でライヴは終了。

終演後、RYUICHIは「やっぱり23日は俺たちのクリスマスだよね」と笑い、アンコールの声が鳴り止まない中、5人並んで手を繋いでジャンプ。至福の夜を締めくくった。

取材・文◎山本弘子

■<LUNA SEA The Holy Night -Beyond the Limit->
2016年12月23日(金・祝)@さいたまスーパーアリーナSET LIST

01. WITH LOVE
02. TONIGHT
03. Limit
04. DESIRE
05. TRUE BLUE
06. Sweetest Coma Again
07. IN SILENCE
08. I'll Stay With You
09. gravity
10. Dr Solo 〜 Bass Solo
11. Be Awake
12. I for You
13. SHINE
14. PRECIOUS…
15. IN MY DREAM
16. ROSIER
ENCORE
EN1. HOLY KNIGHT
EN2. Dejavu
EN3. WISH

■<LUNA SEA The Holy Night -Beyond the Limit->
2016年12月24日(土)@さいたまスーパーアリーナSET LIST

Overture. White Christmas
01. Anthem of Light
02. Dejavu
03. Limit
04. END OF SORROW
05. JESUS
06. LUV U
07. AURORA
08. I'll Stay With You
09. MOON
10. Dr Solo 〜 Bass Solo
11. BLUE TRANSPARENCY
12. I for You
13. STORM
14. TIME IS DEAD
15. ROSIER
16. BELIEVE
ENCORE
EN1. HOLY KNIGHT
EN2. TONIGHT
EN3. WISH


■<LUNA SEA The Anniversary 2017 日本武道館>

2017年5月29日(月)日本武道館
Open 17:30 / Start 18:30
▼チケット
前売\9,500(税込)全席指定 ※3歳以上有料
一般発売:2017年4月22日(土)より
【チケット最速先行情報】
12月26日(月)よりオフィシャルファンクラブSLAVE、各ソロFC & LUNA SEAモバイルにて会員先行受付開始
(問)キョードー東京 0570-550-799 ※平日11:00〜18:00 土日祝 10:00〜18:00

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報