■「こういうノリ、好きでしょ?」みたいな(笑)
■強さの中の不安や弱さだったり、違う面も見せていけたらなって

——では、各自、パートでこだわったところや思い入れのある曲もあると思いますので、ぜひ。

MISA:思い入れはいっぱいあるんですが、ベースは「モラトリアム」という曲でピックを持ちながらスラップするという新たな技を取り入れたので、今、必死で練習しています(笑)。

KANAMI:基本、いつも曲はメロディ先行で作るんですけど、この曲だけはサウンドを先に考えて後からメロディを付けたんです。

——ギターリフがメタルっぽいアプローチですよね。

KANAMI:リフはけっこうトリッキーな感じですね。テクニカルな感じにしたいと思って作ったんですけれど、小鳩から「もっとみんなで歌えるような曲にしたい」って要望があったので。

AKANE:コール&レスポンスでひとつになれる曲でもありますね。

小鳩:“ウォーウォー”っていうコーラスの部分ですっぽ。レコーディングの時は自分たち以外にスタッフさんにも参加してもらいました。お給仕でご主人様、お嬢様に一緒に歌ってほしかったので、男性のスタッフにも参加してもらって叫んでもらったりとか。

▲『Just Bring It』ジャケット

——レコーディングは怒涛のスケジュールだったけど、ライヴと同時進行というのが良い作用を及ぼしたのかもしれないですね。

彩姫:影響はありましたね。お給仕をやって生の反応をそのまま活かすっていう。「こういうノリ、好きでしょ?」みたいな(笑)。

KANAMI:それと「decided by myself」という曲はアニメのエンディングテーマ的なイメージで作りました。

小鳩:アニメのエンディングで流れたら嬉しいなって思いながら作ったらしいですっぽ。

——この曲もラウドなギターが前に出ていて疾走感があってカッコいい。

KANAMI:ありがとうございます。

小鳩:BAND-MAIDの曲には全曲ギターソロがあるんですよ。ギターヒーローならぬギターヒロインみたいな(笑)。

KANAMI:ボス(彩姫)が「もっとソロ入れていいよ」って言ってくれるので(笑)。ギターテックの方にも奏法のアドバイスをいただきながら弾いたんですけど、ギタリストとしてもレベルアップできたと思います。

彩姫:自分もアルバムの制作期間に歌い方や声色の出し方を教えてもらったりして、ヴォーカリストとして挑戦して、成長できたと思います。


——いろいろな歌い方をしていますもんね。小鳩さんがメインで歌っている曲も収録されていますね。

小鳩:はい。9曲目の「TIME」は小鳩がメインで歌わせていただいて、これも今までのBAND-MAIDとは違ったタイプの曲でいい意味でアルバムのスパイスになっていると思います。歌詞のテーマはタイトル通り“時間”で、未来、現在、過去を超えて覚悟をまっすぐに歌っています。

——最後に“光彷徨って 次の糧にして 私は生きる”と歌っていますね。

小鳩:今しかない時間を生きていくよっていうメッセージを伝えたいなと思って書きました。

——小鳩さんは多くの歌詞を書いていますね。

小鳩:ここまで自分を追い込みながら書いたのは初めてだったので成長できたなと思ってますっぽ。今までは“強い女性像”しか見せていなかったんですが、今回は強さの中の不安や弱さだったり、違う面も見せていけたらなって。だから不倫の曲やメンヘラチックな歌詞があったり。

彩姫:女性の弱さの裏にある強さというか。

——不安や葛藤を抱えて、それでも最終的には立ち上がる強さがある。

小鳩:そう感じていただけたら嬉しいですね。落ち込んでいるだけではBAND-MAIDではないので、そこから前向きになっていく。多くの女性に共感していただければなと思ってますっぽ。

AKANE:毎日、リピートして聴いてほしいですね。元気になりたい時にもノリノリの時にも聴いてほしいですし、背中を押せるような1枚になったらいいなと思います。

◆インタビュー(3)へ