つい数日前、4月に開かれるロックの殿堂入りのセレモニーは欠席すると話していた元イエスのリック・ウェイクマンだが、一転、出席することにしたそうだ。

◆リック・ウェイクマン画像

ウェイクマンは水曜日(1月4日)「RRHOFに関するアップデート」と題し、こんなメッセージをオフィシャル・サイト(Rwcc.com)に掲載した。

「Hall of Fameが、クリス・スクワイアのイエスへの多大なる貢献を認め、彼の奥さんへ死後受け取る賞を贈ることに同意したと報告できるのをとても嬉しく思う。僕は、バンド・メイトだったジョン、トレヴァーと共に誇りを持ちその場に立ち、クリスの代わりに彼の奥さんScottieがこの正当な賞を受け取るのを目にするため、NYで開かれる殿堂入りの式典に出席することに同意した。また、これが、悲しくも生きている間に受賞しなかった人々の貢献を認め、この先、死後でも賞を受け取ることができるきっかけとなるよう望んでいる」

ジョン・アンダーソンからの声明はまだだが、このメッセージによると、彼も出席するようだ。

ロックの殿堂のセレモニーは4月7日にNYで開かれる。2017年は、イエス、ジョーン・バエズ、エレクトリック・ライト・オーケストラ、ジャーニー、パール・ジャム、トゥパック・シャクール、ナイル・ロジャース(Award For Music Excellence)が殿堂入りする。

Ako Suzuki