桑田佳祐、<年越しライブ2016>15,000人のファンとド派手に年越し

twitterツイート

桑田佳祐が、恒例の横浜アリーナでの年越しライブをソロ名義としては4年ぶりに開催した。

◆桑田佳祐 ライブ画像

4日間のうち最終公演は大晦日の2016年12月31日。2016年は精力的に活動を行ったが、桑田佳祐が1万人のお客さんを前にステージに立つのは、実は2015年8月17日、18日の<サザンオールスターズ LIVE TOUR>の追加公演として行われた日本武道館公演以来約1年4か月ぶりになる。

オープニング映像が流れ会場がどよめくと、間髪入れず桑田がステージ上に登場。久々の”生桑田”に、横浜アリーナに詰めかけた約15,000人のファンから、割れんばかりの歓声が巻き起こった。その後、歌謡ショーを思わせる大階段を歌いながら、ゆっくり降り定位置につくと、場内の興奮は最高潮に達した。

冒頭は、2016年に発表されたばかりの新しい曲から、約30年前のソロデビュー曲「悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)」まで、新旧ヒット曲のオンパレードで、一気にボルテージを上げると、その後は、ロック、ポップス、バラード、ブルース……と実にさまざまなタイプの曲目で会場を感動に包んだ。

2016年は2枚のシングルをリリースした桑田。斬新な音楽性で話題となった「ヨシ子さん」、アコースティック・ロッカバラード「君への手紙」という対照的な2曲がライブの肝となりながら、2016年に発表した新曲とともに、2013年のヒット曲「Yin Yang(イヤン)」も含め、ライブ初となる曲をふんだんに披露した。

「EARLY IN THE MORNING 〜旅立ちの朝〜」で妖艶なダンサーと共に登場し、曲が終わると新年へのカウントダウンに突入した。ド派手な演出で桑田と観客の約15,000人が共に新年を迎えることとなった。その後、ステージがいきなり暗転し、お正月仕様となった白無垢パンダメイクの“ヨシ子さん”と思しき人物が登場。ステージは一気にカオスな空気へとなだれ込み、2016年世間に大きなインパクトを与えた「ヨシ子さん」がスタートする。歌番組で繰り広げたド派手な世界観をさらにスケールアップし、約40人にも及ぶダンサーと共に、ファンを圧倒するスケールで披露した。ソロのデビュー曲「悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)」や、「真夜中のダンディー」といった往年の名曲から、2016年リリースした「ヨシ子さん」や「君への手紙」といった最新曲まで、合わせて全28曲を約2時間半にわたって披露した。

「君への手紙」の初回特典に入っていたファンに向けての手紙にも「新しい作品を来年(※2017年)にはお届けできるように頑張りますので、申し訳ありませんが今しばらくお待ちください」と書いてあり、アルバムのレコーディングにも入っていると公言している桑田。今年はソロ活動30周年を迎える桑田だが、最後のMCでもファンとの逢瀬を強く約束していたように、2017年の活躍に大いに期待したい。

写真:浜野カズシ



◆サザンオールスターズ オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報