U2、ヨシュア・トゥリー・ツアーを発表

twitterツイート

U2が、この夏、5枚目のスタジオ・アルバム『The Joshua Tree』(1987年)のリリース30周年を記念し、北米とヨーロッパでスペシャル・ツアーを行なうことを発表した。初めて、同アルバムをフルでプレイするという。

◆U2画像

バンドは12月25日、クリスマス・メッセージ映像を公開し、「ハッピー・クリスマス。みんなにハッピー・クリスマス。来年はU2にとってビッグな年になる。『Songs of Experience』が出る。それに、『The Joshua Tree』の30周年を記念し、すごくすごく特別なショウをやる。すごく特別なものだ」と、予告していた。


<THE JOSHUA TREE TOUR 2017>は、5月12日にカナダ・バンクーバーで開幕。現時点で、7月1日まで北米で16公演、7月8日から8月1日までヨーロッパで8公演を開く。北米公演の中には、初出演となる<Bonnaroo Music & Arts Festival>も含まれる。

ボノは「最近、約30年ぶりに『The Joshua Tree』を聴き直した。オペラのようだった。愛、喪失、壊れた夢、忘却の探求、分極化…たくさんのエモーションを感じた。いくつかの曲は何度も歌ってきたが、全てはなかった。楽しみだ。もし、オーディエンスも僕らと同じように興奮しているとしたら…素晴らしい夜になるだろう」とコメントしている。

北米ツアーではマムフォード&サンズ、ザ・ルミニアーズ、ワンリパブリックが、ヨーロッパ・ツアーではノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズがサポート・アクトとして参加する。


Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報