10年ぶり開催<Your Songs, Our Songs>に小田和正、岸田繁の出演決定

ツイート

2月7日、8日の2日間にわたって大阪・フェスティバルホールで開催される<森亀橋 2017 presents Your Songs, Our Songs powered by FM COCOLO>に、小田和正と岸田繁(くるり)の出演が決定した。

◆<Your Songs, Our Songs>画像

森俊之、亀田誠治、佐橋佳幸の3人による“森亀橋”が2007年11月の<Your Songs, Our Songs>以来10年ぶりに結集しプロデュースを手がける本イベント。今回は森、亀田、佐橋に河村“カースケ”智康が加わった森亀橋バンドを中心に、計16組の世代を超えたアーティストが競演を繰り広げる。

   ◆   ◆   ◆

■森俊之 コメント
2000年に産まれた子が、もう17歳になる年です。17歳と言えば最も多感な時期です。
好きな音楽に耳を傾け、ある時は歌い、踊り、ある時は涙し、ある時は力をもらい。
僕たち森亀橋の3人が17歳の頃も、今の17歳の人達と変わらず同じでした。
そんな普遍性は、音楽の持つ力のひとつと言えます。
かたや日本のポップ・ミュージック、一夜にして全てが出来上がったわけではなく、
各国の音楽がそうであるように、やはりルーツを持ちます。
日本のあらゆるジャンルの音楽を紐解いていった時、今の60~70代の偉大な音楽家の方々が道を切り開き、下世代はその道をリスペクトしながら、そして良い意味で道から外れてみたりもしながら、切磋琢磨の末、新しい音楽が生まれてきたのではないでしょうか?
まさにその繋がっている道を再確認しながら、我々3人から見た「上世代、同世代、下世代」という三世代のミュージシャンの方々に、世代やジャンルを越えてコラボレートしていただき、
日本のポップ・ミュージックって「実はこんなにも深くて、底抜けに楽しくて、やっぱり素晴らしい!」ってことを皆さんと共有できたら、もしかしたら何か新しい道を作れるかもしれません。
まぁ、そんな大それたことはともかく、純粋に音楽の持つ力にワクワクしますよね!
そのために、音楽や歌の持つより深いところをフォーカスし、敬意と愛情とシンパシーを持って、
素晴らしいポップ・ミュージックをお聞かせできるよう、我々3人はベストを尽くします。
どうぞ、お楽しみください!

■亀田誠治 コメント
誰にでも、自分の真ん中で鳴っている大切な音楽があると思います。
僕にとっては、70年代にラジオから聞こえてきた音楽がそれにあたります。
今でもあの頃聞いたメロディーや歌声が、ふとした瞬間に蘇ります。
そして、どんな音楽にもその音楽を生んだルーツミュージックがあると思います。
J-POPでは、日本古来の音楽から進化したもの、西洋の音楽を模倣したもの、何かの拍子に突然変異したもの、それらがお互いに影響しあって、J-POPならではの素晴らしいオリジナリティーを生みました。
そんなオリジナリティーあふれる音楽を生み出した先輩アーティストと、そのアーティストの音楽を心からリスペクトする次世代アーティストを、今の時代にもう一度つなげて、一つの場所で一緒に音楽を奏でることができたらどんなに素敵なことでしょう。これこそが、未来の音楽のためにとても大切なことではないかと思い、僕らはこのコンサートの開催を考えました。
発起人は、佐橋佳幸さん、森俊之さん、そして僕、亀田誠治の3人。僕らはミュージシャンであり、アレンジャーであり、プロデューサーでもあります。そんな僕らもリスペクトの気持ちで繋がっています。何より、僕らは素晴らしい音楽と、素晴らしいアーティストを愛してやみません。
このコンサートを通じて、世代を超えて、ジャンルを超えて、音楽の糸を縦横に紡いでいければと思います。 みなさんのご参加を心からお待ちしています。

■佐橋佳幸 コメント
昨今のカバーブームに食傷気味の音楽愛好家の皆さん・朗報です!
10年振りの“森亀橋イベント”は、ロックンロール誕生以降の欧米音楽を巧みに取り入れながら、日本のポップスシーンにおいて独自の道を切り開き、今尚、刺激的な作品を提供し続けている“偉大なる先達”をお迎えして、21世紀の日本の音楽シーンを担う“後進たち”が彼らへのリスペクトを表現し&且つ競演する、野球に例えるなら“オールスター戦と名球会戦がいっしょになっちゃった”ような、夢のセッションをお届けいたします。
謂わば、楽曲への想いだけでなく~ファウンダーその人へのリスペクトを込めた“感謝祭”であります。
一見“意外な組み合わせ・取り組み?”もございますが、我々三人とFM802&COCOLOのスタッフによるリサーチと、僕らの音楽愛を具現化した試みとご理解頂ければ幸いです。 尚、本コンサートは、出演者の皆さんのパフォーマンスと楽曲の素晴らしさを存分に味わって頂けるよう、今では世界中で当たり前のように使用されている、最新のデジタル音楽機器を駆使した“自動同期演奏”の類は一切使用せず、“森亀橋(キーボード・ベース&ギター)+河村カースケ氏(ドラムス)四人による、シンプル&オーガニックな伴奏(もちろん生演奏)のみ”で、お聴かせする予定でございます。
巷にあふれる厚化粧気味のサウンドや、テーマパークのアトラクションのような過度の演出など無い、音楽家が音楽を歌い奏でるだけの一夜限りの特別な夜を、大阪の皆さんと楽しむことができたら~と思っております。

   ◆   ◆   ◆

▲森亀橋バンド

<森亀橋 2017 presents Your Songs, Our Songs powered by FM COCOLO>

2017年2月7日(火)/ 8日(水)大阪・フェスティバルホール
各日共18:00開場/19:00開演

出演アーティスト:
森亀橋バンド 森俊之(Key)/亀田誠治(B)/佐橋佳幸(G)/河村“カースケ”智康(Ds)

[2月7日(火)出演] 片平里菜 / 岸谷香 / GLIM SPANKY / トータス松本 / TOSHI-LOW(BRAHMAN/OAU) / 仲井戸”CHABO”麗市 / MANNISH BOYS(斉藤和義/中村達也)/ miwa

[2月8日(水)出演] 小田和正 / 岸田繁(くるり)/ さかいゆう / 佐藤千亜妃(きのこ帝国)/ 田島貴男(ORIGINAL LOVE) / Chara / 中納良恵(EGO-WRAPPIN') / 吉田美奈子

料金:7,800円(全席指定/税込)※未就学児童入場不可
チケット一般発売日:1月28日(土)

主催・企画制作:FM COCOLO 協賛:ECC 後援:FM802
[問]キョードーインフォメーション 0570-200-888

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス