金子ノブアキ「次に進むための大切な作品となった」

twitterツイート

金子ノブアキが1月10日、都内で行なわれた自身初の映像作品『Captured』発売記念上映イベントに映像監督・清水康彦と共に登場。本作における制作・撮影時のエピソードを交えたトークを行った。

◆イベント画像

作品内にはこれまでのミュージュックビデオをはじめ、東京・EX THEATER ROPPONGIでのライブ映像(2016年6月)、コンテンポラリーダンサー・鈴木陽平とドラムとのダンスセッションも記録。加えて清水監督から「制作の現場を収めたい」という提案があり、金子が養老渓谷の環境音を録音してサウンドに昇華させるシーンなども収録されているという。

結成20周年を迎えたRIZEのドラマー、ソロアーティスト、そして俳優としてもマルチな活動を拡げる金子は、本作について「次に進むための大切な作品となった」と語り、清水監督も「制作の過程を映像で観ていただくことで、より感じてもらえる」と続けた。


また、フォトグラファー・廣瀬順二との制作風景も収められているが、こちらはあくまで“プロセス”であり結末は明かされておらず、その答えは2月4日東京・Billboard live TOKYO公演、2月11日大阪・Billboard live OSAKA公演で明らかになるとのことだ。

音楽や映画、ドキュメント、芸術、写真などエンターテイメントの壁を越え、金子の唯一無二のキャリアにクローズアップし日々のインスピレーションや様々な試みを記録した本作を“捕獲”(=『Captured』)し、2月のライブでその答えをぜひ体感してほしい。



<金子ノブアキ showcase【Captured】>

2017年2月4日(土)東京・Billboard Live TOKYO
1st 17:00 OPEN / 18:00 START
2nd 20:00 OPEN / 21:00 START

2017年2月11日(土)大阪・Billboard Live OSAKA
1st 17:00 OPEN / 18:00 START
2nd 20:00 OPEN / 21:00 START

DVD『Captured』

2017年1月18日(水)発売
税抜4,500円 PDX-0118 84分収録
Village Again Association
映像監督:清水康彦

・document
record / photo / dance / day / other

・Live
EX THEATER ROPPONGI

・MV
オルカ / Historia / Take me home / Firebird
Captured(新作) / Call My Name(新作)

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報