友人のリチャード・ブランソンはヴァージン・ギャラクティックを設立し、宇宙旅行の実現を目指しているが、マイク・オールドフィールドは宇宙に行ってみたいとは思っているものの、ブランソンと一緒はあり得ないそうだ。

◆マイク・オールドフィールド画像

オールドフィールドは『Uncut』誌のインタビューでこう話した。「僕は、彼とは宇宙船に乗り込みたくない。ないね。昔、リチャード・ブランソンと気球に乗るという間違いをおかしたことがあるんだ。彼がパイロットで、発電所の煙突にぶつかりそうになった。そして、高く飛び過ぎて、パン屋の上に不時着するしか選択の余地がなくなった。消防隊に助けられたんだよ。そのとき、もうリチャードと飛行の組み合わせには関わらないって決めたんだ」

オールドフィールドは、快適な旅が約束されてから宇宙へ行きたいそうだ。ヴァージン・ギャラクティックは当初、2009年の実現を目指していたが、まだそこに至っていない。

マイク・オールドフィールドは今月20日、サード・アルバム『Ommadawn』(1975年)の続編となる新作『Return To Ommadawn』をリリースする。


Ako Suzuki