エイジアのジョン・ウェットン(Vo・B)が、癌の治療に専念するため、3~4月に北米で開催するジャーニーとのジョイント・ツアーに参加できないことを発表した。

◆エイジア画像

ウェットンは水曜日(1月11日)、バンドのFacebookにこんなメッセージを投稿した。

「こう告げるのはとても残念だが、医療チームの助言により、僕はCruise to the Edge(2月に開催されるイエス主催のクルーズ・フェスティバル)とジャーニー・ツアーの最初の日程3月15~4月4日から離脱しなくてはならない。僕は間もなく、新しい化学療法を始める。その期間、飛行することができないんだ」

「当然のこと、エイジアの歴史的ツアーになるのがわかっているものの始まりを逃すのは残念だが、年内にはエイジアと共にステージに戻るつもりだ。長い目で見れば、この決断が自分の健康にとってもファンにとっても1番ためになることはわかっている」

ツアーでは、イエスのビリー・シャーウッドがウェットンの代理を務めるという。

おだいじに。



Ako Suzuki