【連載】Hiroのもいもいフィンランドvol.37「ロックは死んでないぞ!と思わせる今年注目のフィンランドの若手ロックバンド達Shiraz LaneとTemple Balls!」

ツイート

新年明けましておめでとうございます。去年のクリスマスから元旦まで暖かく雪がないまま年明けとなったフィンランド南部ですが、そのあとやってきました寒波!そういう時には家にこもって好きな音楽を聴くのもいいものですね。ところで10年ほど前に勢いがあった国内のロックバンドが最近活動してなかったり、活動がゆっくり過ぎてあまり表に出てこなかったりで、ちょっと寂しく感じていたのですが、そんな中これまでにも紹介したReckless LoveやSanta Cruzが登場!どちらも80年代を思い出させるサウンドとルックス。さらに彼らに続けと若い世代に注目のロックバンドも生まれてきています。ということで、期待できそうな今ちょっと気になる若手ロックバンドを2つ紹介したいと思います。

まずはShiraz Lane。ヘルシンキ近郊ヴァンター出身の5人組ハードロックバンド。メンバーはこちら。
Hannes Kett - ヴォーカル
Jani Laine - ギター
Miki Kalske - ギター
Joel Alex - ベース
Ana Willman - ドラム


彼らは2014年のフィンランドのHard Rock Risingコンテストで優勝、2015年にはフィンランドのWacken Metal Battleで優勝、ドイツのWacken Open Airメタルフェスティヴァルに出場もしています。その2015年には東京で開催されたLOUD & METAL ATTACKに出演で来日もしているので覚えてる方もいるかと思います。アルバムのほうは2015年に5曲入りのEP盤「Be The Slave Or Be The Change」を発売したあと、2016年にデビューアルバム「For Crying Out Loud」を発売。2015年秋にはSanta Cruzのオープニングアクトでフィンランドツアー、2016年春にはReckless Loveのフィンランドツアーのオープニングアクトに、秋にはフィンランドのモンスターロックバンドLordiのヨーロッパツアーのオープニングアクトに抜擢されました。ハイトーンヴォイスのスレイジーなヴォーカルがちょっとユニークで心地よく、とにかく元気いっぱい、若いエネルギーが満ち溢れるバンド。来日時の映像もちりばめられた「Story To Tell」のミュージックビデオはこちら。チェックしてみてください。







もうひとつ気になっているのがフィンランド北部オウル出身のハードロックバンドTemple Balls。昨年Reckless Loveのヘルシンキ公演のオープニングアクトで観るまではこのバンドの存在を知らなかったのですが、その時初めて見て印象に残ったのであります。
メンバーはこちら。
Arde - ヴォーカル
Jiri - ギター
Santeri - ギター
Jimi - ベース
Antti - ドラム


2009年バンド結成、今のメンバーがそろったのは2014年だそう。デビューアルバム「Traded Dreams」は来月24日発売予定と、まだデビューアルバム発売前から2015年にはDeep Purpleのヘルシンキ公演、昨年はQueen + Adam Lambertのヘルシンキ公演のオープニングアクトに抜擢。フィンランドのメジャーな夏フェスにもすでに出演しています。個人的にはロックンロール色の濃いこの曲「Six Ways to Sunday」がお気に入りです。聴いてみてください。




今公開されてる中にはメタルっぽい曲もあるので今後どの路線に進んでいくのかが気になるところ。

ここ数年フィンランドでは歌詞が英語の国内のロックバンドはなかなか厳しい状況にあるように思うのですが、期待できそうな若手ロックバンドが登場してきていることはうれしい限り!フィンランドのロックシーンをぜひとも盛り上げていってほしいです。

今年もフィンランドからロック情報お伝えしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

文:Hiro
ライブ写真:Hiromi Usenius

◆【連載】Hiroのもいもいフィンランドまとめページ
この記事をツイート

この記事の関連情報